2012年4月TIMEを読む会
(webで配信された英文ですので、訳文と若干異なる箇所があるかも知れません)



The Most Important Man in Europe
By Michael Schuman
Monday, Feb. 20, 2012

Mario Monti is trying to pull Italy and its neighbors back from the economic brink.


At first glance, it seems impossible that the fate of the world economy rests in Mario Monti's hands. The Prime Minister of Italy has the aura of a gentlemanly grandfather--the polite demeanor, the soft voice, the smiling eyes--not the tough taskmaster Italy so desperately needs to escape its dangerous and protracted debt crisis. Monti, 68, speaks in the long, precise, jargon-laden sentences of an academic economist, which he was only four months ago. He does not employ the rousing rhetoric of a typical politician. He seems like the sort who'd get chewed up by Italy's political machine, not reform it.

Listen to what he says, though, and the real Monti emerges. His words are edged with steel. He talks not merely of ending Italy's economic crisis but also of pursuing a sweeping agenda to set free the energies of a moribund economy, fixing a deadlocked democracy and charging forward with greater European integration. Listen carefully and you realize Monti is not hoping for quick fixes. He's aiming at nothing less than a wholesale overhaul of Italian society. As he recently told TIME during an interview in the Prime Minister's stately office in Rome, "I believe that reforms will not really take hold if they do not gradually come into the culture of the people."

Monti's mission matters to everybody--from Wall Street financiers to Chinese factory workers. That's because Italy's problems have become the world's problems, and Monti must fix Italy to prevent another global financial crisis. His most pressing issue is the precarious state of Italy's national finances, including a mountain of government debt equivalent to more than 120% of GDP--the second highest level in the euro zone, after that of troubled Greece.

But Italy's difficulties run even deeper. From 2000 to 2007, Italy's GDP grew at an average annual rate of 1.5%, compared with nearly 2.2% for the euro zone overall. Though Italy's economic woes are nothing new, when the contagion from the European debt crisis struck, it focused investors on Italy's enfeebled condition. In mid-2011, they began fleeing Italian government bonds, sending 10-year yields past 7%--a level that would eventually become too expensive to bear. The terrifying possibility emerged that Italy--the euro zone's third largest economy--could default or require a large-scale bailout.

And as Italy goes, so goes the euro. Italy looms as the biggest threat to the embattled currency's survival, because Italy is paradoxically both too big to fail and too big to save. While Europe rescued Greece, Ireland and Portugal, a bailout of Italy would require such huge sums--by one estimate, $900 billion--that its neighbors, including giant Germany, would likely be unable, financially or politically, to ante up the cash. Yet if Italy tumbles into insolvency, it could set off a chain of events that unravels the monetary union and puts Europe's even grander half-century experiment in democratic integration in peril.

The consequences of an Italian default--and even worse, a collapse of the euro--are almost unimaginable. Shock waves would ripple through global financial markets to every corner of the world, sinking banks and economies along the way. The fates of Monti, Europe and the worldwide recovery have thus become inexorably entwined.

< The Full Monti >
Monti ended up in this position through one of the more unusual twists in modern European governance. His predecessor, the colorful Silvio Berlusconi, had dominated Italian politics for a decade, but as the crisis spiraled in late 2011, he proved unable to rally the country's politicians to tackle it. Discredited, Berlusconi resigned in November. The failure, though, was not his alone. Italy's political establishment woke to the reality that partisan politics had failed the nation. The left and right "are both incapable of doing the reforms," says Pier Ferdinando Casini, leader of the Union of the Center political party. "We are afraid of losing votes."

The solution was Monti. Italy's President, Giorgio Napolitano, called on him to step in and run the government. The Yale-educated economist was president of Milan's Bocconi University, and he had studiously avoided the corrupting influence of Italian domestic politics throughout his career. But, he says, the request to serve came "at such a severe time of crisis for Italy that I could not refuse."

Today he reigns over Rome like a new Caesar. In effect, the democratic process has been suspended to allow an unelected technocrat to implement policies that elected politicians could not. Monti calls it a "temporary mutual disarmament" of the left and right. Nearly all the major political parties set aside their differences and threw their support behind him, and that has given Monti almost uncontested control of the nation's decisionmaking.

He has used his mandate to the fullest. In December he implemented a biting austerity program of tax hikes and spending cuts, aiming to balance the budget by 2013, and a reform of the country's pension system with phased increases in the retirement age. In January he announced a sweeping liberalization of professions that are regulated and protected from open competition, like pharmacists, taxi drivers and lawyers. Next on the agenda is a major overhaul of the distorted labor market to make it more flexible and create jobs for the nation's army of unemployed youth. His efforts have already had an impact. Bond yields have fallen by about 1.5 percentage points since Monti took charge, to (a still elevated) 5.6%, easing fears of an imminent European meltdown.

< Conflicts with Interest >
Not everyone is enthralled, of course. Monti is taking on entrenched interest groups that have repeatedly defended their privileges, and they're not going down without a fight. Taxi drivers staged strikes in Rome and other major cities. Pharmacists are threatening to do the same. Truckers blocked roadways to protest a fuel-tax hike. To these constituencies, Monti's reform agenda is radical, even dangerous. "In Italy, the economy was more based on rules that used to be applied to create wealth for the general public," says Loreno Bittarelli, president of Uritaxi, a national taxi union, which is opposed to Monti's program. "I don't understand why suddenly the only solution [to the crisis] is to get rid of the rules." His enemies see him as an elitist who is unsympathetic to the struggles of middle-class Italians. "Monti has always lived in the salons," says Bittarelli. "He really doesn't know the problems of ordinary people."

Monti's response might surprise. "Maybe they're right," he says. Though Monti has attempted to appeal to the masses--he refused to accept his Prime Minister's salary out of a spirit of shared sacrifice--he cannot honestly claim to be a man of the people. His father was a banker, and Monti was once an adviser to what some see as the quintessence of rapacious capitalism: Goldman Sachs. He has not run in any election for any office, and his friends think he never will.

Monti believes his detachment gives him an edge. The cozy relationship between politicians and their constituents, he argues, is the exact source of the nation's woes. "Italy has piled up huge public debt because the successive governments were too close to the life of ordinary citizens, too willing to please the requests of everybody, thereby acting against the interests of future generations," he says.

And don't expect him to bend. While he was commissioner for competition at the executive body of the European Union from 1999 to 2004, he earned the nickname Super Mario for butting heads with some of the world's most influential businessmen, from Microsoft CEO Steve Ballmer to former General Electric CEO Jack Welch. In 2001, Monti squelched a merger of GE and Honeywell, charging that the combination would smother competition in the aviation-equipment industry. Monti came under intense pressure from the U.S. to change his mind--Paul O'Neill, then U.S. Treasury Secretary, labeled his stance "off the wall"--but Monti refused to blink. Welch describes him as "cold-blooded."

< The Danger of Success >
Ironically, the more successful Monti becomes, the more trouble he might face. The country's politicians have backed him only because of the economic crisis, so the more reforms he implements and the further Italy pulls back from the brink, the less incentive they have to support him. As austerity measures begin to hurt, his popularity could also begin to evaporate. That potentially leaves Monti with a very narrow window of opportunity to implement change. In theory, he will remain Prime Minister until the next election, in the spring of 2013--barely enough time to realize his agenda--but he could find that window closing long before then. "The point is how to keep this pressure [to reform] even once the most visible elements of emergency hopefully are over," Monti says.

For Monti, the future of Italy and the future of Europe are intrinsically connected. He has always been a passionate advocate of European integration and has consistently pressed for more of it. In his TIME interview, Monti expressed gratitude for the support given to him by the rest of Europe but lamented that faster euro-zone reform might have blunted some of the worst effects of the crisis. An unwillingness to devote sufficient resources to expand the zone's bailout fund, for example, has hampered the creation of a so-called firewall to protect Italy and other struggling countries from contagion. He also favors the introduction of eurobonds, which would be backed by all euro-zone governments, though other European leaders have fiercely opposed the idea. However, the bickering that has stymied such action, he believes, may finally be coming to a close. "I think there is a genuine wish on the part of the E.U. and Germany and France to again play an active game with Italy for a relaunch of European integration," he says. "I think we will be seeing an acceleration of the good news."

He's seeking more good news in the U.S. On Feb. 9, Monti has a high-profile summit with President Obama, and then he is off to New York City for meetings with the U.S. financial community. If he can convince global investors that Italy is truly reforming and is a safe place for their money, he will alleviate any fears of an Italian default. That alone would help further Monti's status as the man who's saving Europe. Italy's problems, though, run so deep that reform will need to continue long after he exits the scene. Monti hopes his administration can act as an example for his successors--of the benefits of the spirit of compromise. "Others will come," Monti says, and they will sense that public opinion no longer tolerates daily political conflicts whose objective is "to destroy your adversary and not to save the country." Italy and the entire global economy can only hope that is true.

≪ ヨーロッパで最も重要な人物 ≫
 マリオ・モンティはイタリアを牽引し、近隣諸国を経済の崖っぷちから引っ張りあげている。

 ちょっと見たところでは、マリオ・モンティが世界経済の命運を握っているとは信じがたい。イタリアの首相は紳士然とした好々爺の雰囲気を醸し出し、上品な物腰、ソフトな語り口、笑みをたたえた瞳からして、危険で長期化する債務危機から抜け出すためにイタリアが是が非でも必要としているタフな親分には見えない。モンティ(68歳)は4か月前までそうだった経済学者らしい長くて堅苦しい専門用語で話す。政治家にありがちな情緒的で大げさな言葉や、美辞麗句は使わない。イタリアの熾烈な政治界に翻弄されてしまって、社会改革などできない人物に見える。

 しかしマリオが話すことに耳を傾けると、真の姿が見えてくる。注意深く選ばれた言葉は刃のように鋭い。イタリアの経済危機を終わらせるだけでなく、崩壊した国家を根本から立て直すための全面的な課題を追求すると語る。瀕死の経済のエネルギーを解き放ち、硬直した民主主義を創り変え、ヨーロッパ統合の高邁な目標を掲げて前進しようというのだ。じっくりと話を聞けば、急場しのぎの処方箋など望んでいないことがわかる。まさにイタリア社会を根本的に修正しようとしているのだ。ローマの風格ある首相官邸でのインタヴューでタイムに語ったところでは「もし改革が徐々に民衆の文化の中に浸透していかないなら、本物にはならないと思います」という。

 モンティがやろうとしていることは各方面に影響する。ウォールストリートの投資家から中国の工場労働者まで。何故ならイタリアの問題は世界の問題になっていて、モンティはイタリアを改善し新たな世界金融危機を防がなければならないからだ。彼の最も喫緊の問題は、イタリア国家財政の不安定な状態だ。国家の健全化など考えず、選挙の票しか頭にない極楽政治家たちは、国家の借金を増やし続け、ついにはGDPの120%以上にも膨らませてしまった。危機にあるギリシャに次いでユーロ圏2番目に高い負債額だ。

 しかしイタリアの困難はさらに深まってさえいる。大不況に突入する以前からそうだったが、イタリア経済の業績は一貫して不振のままだ。2000年から2007年まで、ユーロ圏全体のGDP成長率が2.2%だったのに比して、イタリアは年間平均1.5%だった。規制枠に縛られて、経済は起業家を育成できていないし、若年労働者にいい仕事を十分に提供していない。長年呑気に仕事をしてきたお国柄なので、イタリアの経済的苦境は今に始まったことではないが、ヨーロッパ債務危機の影響をもろに受けた時、投資家はイタリアの衰弱した状態に目を向けた。2011年中期に投資家たちはイタリア国債から引き上げ始め、10年国債利回りが7%を超え、ついに上がり過ぎて担いきれないまでのレベルになった。世界の指導者たちを震撼させたのは、ユーロ圏第3の経済大国イタリアが、債務不履行になるとか大規模な救済策を必要とするという、ゾッとするような現実が見えてきたことだった。

 イタリアの運命はユーロの運命だ。ヨーロッパ債務危機は2年以上も猛威を振るい、イタリアは窮地に立つ統一貨幣の存続を脅かす最大の恐怖となっている。なぜならイタリアは、逆説的ではあるが、大きすぎて倒すことができず、大きすぎて救うこともできないからだ。ヨーロッパはギリシャ、アイルランド、ポルトガルを救済したが、イタリアの救済は莫大な資金を要するだろう。ある試算によると9億ドルになるというが、大国ドイツを含む近隣諸国は、財政的あるいは政治的な意味で、資金を拠出しないだろう。しかしもしイタリアが支払不能になり破産すれば、貨幣統一を解体し、半世紀続いたヨーロッパのさらに壮大な民主的統合の実験を消滅させるような連鎖反応が起こりかねない。

 モンティの成功は、まさに世界経済にとっても同様に重要だ。イタリアの債務不履行に続いて起こる事態は、さらにひどい場合にはユーロの暴落だが、ほとんど想像を絶する。イタリアは、2008年のリーマンブラザーズ破綻で始まった金融危機よりもさらに破滅的危機に火をつけかねない。衝撃波は世界金融市場を駆け巡り、その過程で沈み込む銀行や経済を道ずれにしながら、世界の隅々にまで波及するだろう。何億という豊かな消費者を抱えるヨーロッパの不況は、米国の回復を妨げ、新たに興る市場を潰すことになる。今でさえヨーロッパの成長は鈍化しているので、中国の工場は危機感を抱いている。マリオ・モンティの、ヨーロッパの、そして世界中の経済回復は不可避的に同じ運命の下にある。

< フルモンティ >
 近代ヨーロッパ政治では類い稀なる奇妙な経過で、モンティは首相に就任した。前任の何かと話題を振りまいたシルヴィオ・ベルルスコーニは10年間政治権力を握ったが、2011年後半に悪循環的に危機が深刻化した時、そこから脱出するために政治家の総力を結集することができなかった。予算削減や改革の試みはあまりに遅く、あまりに無力で、投資家たちの信頼を取り戻すことができなかった。不信任を突き付けられてベルルスコーニは11月に辞任した。しかし政治家失格は彼一人ではなかった。イタリアの政治界は、派閥政治が国家を崩壊させたという現実に気づいた。左派も右派も「ほんのわずかしか共通項を持っていません」と中央政治党派連合の会長ピエール・フェルディナンド・カジーノは言う。「彼らはどちらも改革を実行する力がないのです。我々は票を失うことを恐れています」

 解決はモンティの手中にある。イタリア大統領ジョルジュ・ナポリターノはモンティを招き入れ組閣を依頼した。当時ミラノのボッコーニ大学長だったエール大卒の経済学者は、過去一貫して極力イタリアの腐敗した政治的影響を避けてきた。しかし「イタリアにこれほど厳しい危機が到来している時期に就任を依頼されたら、断ることができませんでした」とモンティは言う。

 今では、シーザーの再来のようにローマを支配する。現実には、民主主義的手続きを一時停止し、選挙で選出された議員が実施できない政策を、選挙を経ないテクノクラートが実施してきた。モンティはそれを、左派と右派の「一時的相互武装解除」と呼ぶ。ほとんどすべての主要政党は互いの違いを横に置いてモンティを支持したので、ほぼ無敵の状況下で彼は国家の政策決定を下すことができた。「我々が眼にしたものは、イタリアの奇跡です」とカジーノは言う。「最悪の状況になるという恐怖は、皆を大同団結させました」各政党の動機はある意味で歪んだものだ。モンティが自らの手を汚して痛みを伴う改革を導入し、自分たちは選挙民が離反するリスクを冒さなくて済めばいいと願っている。しかし今のところ、一般大衆も同様に、危機の時代に強権な指導者を待望しているので、モンティを歓迎している。

 モンティは自分の権限をフルに利用してきた。12月には、2013年までに予算均衡を達成するために、税率引き上げや歳出削減という厳しい緊縮政策を実施し、さらには退職年齢の段階的引き上げを伴う年金制度改革を実施した。1月には、薬局、タクシー運転手、弁護士など自由競争から規制によって保護されている職業を全面的に自由化した。次の課題は、歪んだ労働市場を全面的に見直し、より柔軟なもの変え、多くの若年失業者のために就業機会を与えることだ。市場開放に向けてのこれらの障壁を撤廃することによって、効率化、成長促進を目指し、最終的にイタリアの債務危機に永久に終止符を打とうとしている。モンティの努力はすでに効果を表わしている。モンティが就任して以降、国債利回りは約1.5%下がり5.6%になり(それでもまだ高いが)、切迫したヨーロッパ崩壊の恐怖は和らいだ。なお多くの仕事が残されているが、ポーランド中央銀行総裁メレク・ベルカはすでにモンティを「現代ヨーロッパの英雄」と呼んでいる。

< 利害の衝突 >
 誰もが評価しているわけではない。繰り返し既得権益を守ろうとしてきたゴリゴリの利益グループとモンティは対決している。今回は、彼らがおとなしく引き下がるとは思えない。タクシー運転手はローマを始めとする主要都市でストライキを打った。薬剤師も同様の行動で脅しをかけている。トラック運転手はガソリン税引き上げに抗議して道路を封鎖した。イタリアの組合はモンティの労働改革に対して闘う構えを見せている。

 イタリアの多くの人たちにとって、モンティの改革は過激であり、危険でさえある。競争が仕事や成長を生み出すという彼の考えを共有していないし、社会保障、国家援助、規制された資本主義という建前上は平等化のためとされる力に基礎を置くイタリアの現制度を好んでいる。「イタリアの経済は、一般大衆のための富を創りだすために運用されるというルールにより大きなウエイトを置いていました」とモンティの政策に反対している全国タクシー組合(Uritaxi)組合長ロレノ・ビタレーニは言う。「なぜ突然に、危機脱出の唯一の方策がルールを排除することだなんて、理解できません」モンティの反対派にとっては、彼の改革は裕福な企業が零細企業を食いつぶすための策略でしかない。「銀行家たちから成る現政府の真の目的は、薬局を窮乏化させ、銀行の犠牲に供することです」と薬局協会フェデルファーマ会長アンナローザ・ロッコは言う。モンティの政敵は、彼をエリートで労働者階級のイタリア人の苦労には冷淡だ、と考えている。「モンティはずっと上流社会で生きてきたんです」とビッタレリは言う。「普通の人々の問題を本当に知らないのです」

 これに対するモンティの返答は意外かも知れない。「おそらくその批判は正しいでしょう」と言う。大衆に訴えかけたいのだが――犠牲を分かち合おうという気持ちで首相の給与を受け取らなかった――庶民階層出身だと言いきれないのが正直なところだ。父は銀行家で、典型的な強欲資本主義だと考える人もいるゴールドマンサックスで、モンティはかつて顧問をしていた。彼はどんな選挙にも出たことはないし、これからも出ないだろうと知人たちは思っている。しかしモンティはどこにも属さないことが自分の強みだと考えている。政治家と選挙民とのなれ合いはこの国を苦しめる元凶だ、と彼は主張する。「イタリアが莫大な公的債務を抱え込んだのは、歴代の政府が庶民の生活にあまりに近づきすぎて、万人の要求に迎合して、先の世代の利益に反する行動をとったからです」と彼は言う。

 そしてモンティが妥協することを期待してはいけない。有力者たちと渡り合ってきた長い経験を持ち、首相の座に就いたのだ。1999年から2004年の間、EU執行機関の競争政策担当委員だった時、スーパーマリオの綽名をもらったが、理由はマイクロソフトCEOスティーブ・バルマーからゼネラル・エレクトリックCEOジャック・ウェルチまで、世界で最も有力な企業家たちの何人かとやり合ったからだ。2001年に、ゼネラル・エレクトリックとハニーウェルの合併を、2社の合併は航空機器産業の競争を抑制するとして阻止した。考えを変えるようにとの強い圧力が米国からかかっても、――当時の米国財務長官ポール・オニールは「狂気の沙汰」と決めつけた――モンティは全く動じなかった。ウェルチは彼を「冷血漢」と呼んだ。

 実に、モンティがほとんど平常心で闘いを挑んでいた、と同僚は言う。「彼は決して怒りません。たとえテーブルの上を脅し文句が飛び交うような緊迫した状況でも」とモンティのスポークスマン、ティルマン・ルーダ―は振り返るが、一方、ボッコーニ大学の経済学教授アンジェロ・カルダーニは、モンティと一緒にEUで仕事をした10年間で、一度だけモンティが怒って自分に声を荒げたことがある、と記憶している。「恐ろしかった」そうだ。

< 成功した時が正念場 >
 皮肉なことに、モンティが成功すればするほど、大きな困難に直面することになる。イタリアの政治家が彼を応援するのは経済危機があればこそで、改革の実が上がれば、またイタリアが危機から遠ざかれば、その分モンティを応援する必要がなくなるのだ。緊縮政策が綻び始めるにつれて、彼の人気も落ち始めるだろう。だからモンティには、変革を実行するほんのわずかのチャンスしか残されていないことになる。理屈の上では2013年春の次期選挙まで首相の任期はあるが――といっても彼の政策課題をやり遂げる時間はほとんどないのだが――それよりずっと以前にチャンスが閉ざされてしまうこともありうる。「肝心なことは、最も顕在化している緊急的な危機の主因が喜ばしいことに無くなった後でも、この改革の気運をいかに維持していくかです」とモンティは言う。

 ヨーロッパ諸国からの援助をもう少し頼ることもできるだろう。モンティにとっては、イタリアとヨーロッパの将来は本質的に一つのものだ。常にヨーロッパ統合の熱心な推進者だったし、さらにそれ以上の高みを目指して推進した。「EU加盟の大国の中にあって、彼は最もヨーロッパ的な発想をする指導者です」とモンティが2005年に設立を助けたブリュッセルに本部を置くシンクタンク・ブリューゲル(ブリュッセル欧州世界経済研究所)理事のジャン・ピサニ・フェリーは言う。

 モンティのやり方は、時として他のヨーロッパの指導者達との反目を引き起こす。重要な2010年レポートの中で、対外貿易に対しての障壁をあまりに多く維持することによって真の市場統合の創出を阻み、ユーロ圏の成長の可能性を封殺している、とEU加盟国を叱責した。債務危機を抑えるために、多くのEU指導者の許容範囲を超えたさらに強い統合を進めようとした。タイム誌のインタヴューで、他のヨーロッパ諸国からの支援に感謝を表明しつつも、ユーロ圏の改革をもっと早く進めていれば、危機の最悪の影響をかなり抑制できただろうにとモンティは悔やんでいる。例えば、ユーロ圏救済基金を拡大するために十分な資金を拠出することに消極的だったために、イタリアや苦悩する他の諸国を危機の拡大から守る『ファイアーウォール』を打ち立てることができなかった。またモンティはユーロ債導入に賛成であり、それによってすべてのユーロ圏政府が支えられるにも関わらず、他のヨーロッパの指導者たちは猛烈に反対している。しかし、実施を遅延させている論争も、いずれは終わるだろうと彼は信じている。「ヨーロッパ統合を再構築するために、イタリアとともに積極的な役割を演じたいとEUやドイツ、フランスは真に願っていると思います」と彼は言う。「明るいニュースが増えてくるでしょう」

 モンティは米国内にもっと明るいニュースを求めている。2月9日にオバマ大統領と首脳会談をもち、その際に米国財界と会合するためにニューヨークに向かった。イタリアの債務危機を解決するために、イタリア国内と同様に粘り強く国外でも自分の政策課題を売り込む必要がある。イタリアが本当に改革を断行し、投資に安全な国であることを世界の投資家たちに真にアピールできたら、イタリアの債務不履行に対する怖れを緩和できるだろう。「今回の訪問の主要な目的は、大統領や財界に我々がやろうとしていることをさらに詳しく説明することです」とモンティは言う。

 この目的を達成するだけでも、ヨーロッパの救世主としてのモンティの立場は確実なものになるだろう。しかし、イタリアの問題はあまりに深く、彼が退任した後にも改革を長く続ける必要があるだろう。歩み寄りの精神が魔法の力を発揮するということを、彼の後継者たちに示すお手本になるように、現政権が行動できればと願っている。「また新しい人たちが続くことでしょう」とモンティは言い、「政敵をやっつけることに終始して、国家を救うことなど考えない」、そんな対立を繰り返す政治家に、もはや国民は我慢しないだろうことを彼らは理解するでしょう。イタリアと世界経済全体は、それが本当になることを願うばかりだ。

Friendly Rivals
By Hannah Beech
Monday, Feb. 20, 2012

China's next leader makes a U.S. visit. A look at the issues that will determine its success.


On a frigid Feb. 28, 1972, in a whitewashed room decorated with jade ashtrays and a forlorn-looking potted plant, U.S. President Richard Nixon and Chinese Premier Zhou Enlai issued the Shanghai Communiqué, the delicate diplomatic accord that began the historic process of normalizing relations between the U.S. and China. Its signing marked the start of a remarkable four decades of U.S.-China ties, an era in which the fortunes of the two countries became inextricably connected. In 1972, there were barely any Sino-American economic links, and young Chinese couldn't imagine studying in America. Last year, trade between the nations was upwards of $450 billion, and nearly 160,000 Chinese attended U.S. universities, making them the largest foreign-student population in the country.

On Feb. 14, almost exactly 40 years after Nixon's trip, Xi Jinping, China's leader-in-waiting, will visit Washington for the first time since he emerged as the presumptive successor to current President Hu Jintao. While lacking the historical resonance of the 1972 summit — high-level meetings between American and Chinese leaders are now standard — the visit comes at the start of a year of intense political activity in both countries. Xi (pronounced Shee) will steadily assume power in China, and Americans will vote in a presidential election in November. And for all the economic and cultural ties between the countries, there are also points of friction on human rights, trade and security. How Xi approaches these issues when he is in Washington could set the tone for relations between the two nations in the coming decade. (PHOTOS: A Brief History of U.S. Presidents in China)

In a fitting symbol of China's frenetic growth, the building where the Shanghai Communiqué was signed has been demolished, replaced by a structure that houses, among other things, a swimming pool and 10-pin bowling alley. But after decades of turbocharged development, Xi will helm a nation struggling to maintain the economic expansion that has kept the Chinese Communist Party (CCP) in power. The Obama Administration, too, is facing economic uncertainty during a critical campaign season. "Xi's debut with the American public is coming at a sensitive time for both China and the U.S.," says Shen Dingli, director of the Center for American Studies at Fudan University in Shanghai. On the eve of Xi's trip to the States, during which he will also stop off in Iowa and California — he has no plans apparently to visit Cambridge, Mass., where his daughter is enrolled at Harvard — here are the key areas in which China continues to both captivate and confound its most important partner and competitor:

< Leadership >
Communism as an ideological threat to the U.S. may have died along with the Soviet Union, but in China the Communist Party remains the all-controlling source of political power. Yes, Marx would recoil at the CCP's embrace of private ownership and market reforms. Yet instead of fading into irrelevance, the CCP is flourishing, with millions of cadres and a well-oiled propaganda machine. Even the next generation sees joining the party as a prerequisite for success. The biggest cohort striving to become party members is not laborers or farmers. It's university graduates. (MORE: Why China's Future Leader Is Going to Iowa)

Much of the CCP's current strength comes from the transformation of its leadership. The CCP of yesteryear depended on the giant personalities of Chairman Mao Zedong or economic reformer Deng Xiaoping. Today's party rules by consensus. This redirection away from a cult of personality-style leadership partly explains why little is known about Xi, a 58-year-old technocrat who first visited the U.S. 27 years ago as part of an agricultural delegation to Iowa. Xi is the son of a former party bigwig, making him part of the "princeling" clique of Chinese leaders. His second wife is a glamorous folksinger whose face is probably more recognizable in China than his. That's about as colorful as Xi's official biography gets. Presumably his experiences toiling in the countryside during the Cultural Revolution, when his family was punished for its elite background, have bred in Xi a predilection for social stability and economic reform — but those are educated guesses. What's clear is that Xi isn't likely to make sudden moves early on, lest he disturb the hard-won harmony between the CCP's ideological factions. Washington may have to wait for bold action.

< Economy >
Americans are used to regarding the People's Republic as a vast factory churning out Christmas decorations and cheap cars. In recent years they have also been warily eyeing China as a rising economic juggernaut with the potential to eclipse America. In 2010, China surpassed Japan to become the world's second largest economy. It is now the world's fastest-growing consumer market, biggest exporter and top foreign owner of American debt.

None of this has happened without the guiding hand of the CCP. Market reforms may have transformed China's economy but its state-capitalism model means that the government still protects the country's enterprises from foreign competition. This maddens the U.S. In his State of the Union address in January, President Barack Obama repeatedly targeted China. "It's not fair when foreign manufacturers have a leg up on ours only because they're heavily subsidized," he complained. His criticism may have been driven by partisan politics in an election year, but it also reflected a deeper unease over Chinese business practices, from obstacles to foreign investment to suspicions that Beijing is undervaluing the yuan in order to make its exports cheaper. "We're hoping that during future President Xi's upcoming visit to the U.S. we will get a greater sense of his attitude toward a transition to a market-based economy," says Christian Murck, president of the American Chamber of Commerce in China. "Because for four years or so, that reform project has been on hold."

The Chinese government takes a different line. "When the U.S. is in a financial crisis, we sincerely hope it will recover because our economies are so tied together," says Zhou Shijian, a senior researcher at Tsinghua University in Beijing and a former Chinese diplomat in Washington. And even though China's GDP has increased tenfold since 1978, Chinese officials caution about overestimating the country's economic might. With a per capita GDP of $8,400 (in purchasing-power-parity terms) in 2011, China ranks below the Dominican Republic and Thailand. We're still poor, goes the Chinese message to America. Cut us some slack. (PHOTOS: The Rise of Hu Jintao)

< Security >
The Shanghai communiqué of 1972 warned that no power should "seek hegemony in the Asia-Pacific region." So far, so peaceful. But four decades later, China and the U.S. are potentially entering a new era of rivalry in just that part of the world. In January, Obama unveiled a strategic shift by the U.S. military toward the Asia-Pacific region. "We've made it clear that America is a Pacific power," the President asserted in his State of the Union address.

China wasn't mentioned in that context, but it doesn't take a foreign policy whiz to figure out that Obama's Pax Pacifica is designed to contain Beijing's rising influence. In recent weeks, China has stymied American diplomacy over Syria and Iran. And as China has more vocally pursued its territorial interests in contested waters, the U.S. has jumped to the defense of Asian nations that feel threatened, like Vietnam and the Philippines.

Still, Obama's focus on Asia has met with less bristling from Beijing than might be expected. Even sources that can be counted on to fulminate against American imperialism shied away. "There is no need to overreact," wrote a top Chinese military researcher in the usually pugnacious PLA Daily. But foreign policy makers must consider a new factor: an increasingly patriotic Chinese public. "Especially on the Internet," says Peking University political scientist Zhu Feng, "nationalist emotions have a big voice, and they have the potential to endanger good policy." (PHOTOS: China Celebrates 90 Years of Communism)

< Human Rights >
Each year, the U.S. releases a report on China's human rights. Last year's made for particularly grim reading. In the wake of the Arab Spring, Beijing clamped down on incipient protests in China by arresting dozens, the report noted. (Since then, around 20 Tibetans have set themselves on fire to protest Beijing's rule, in a sign of rising unrest.) Within days, the U.S. report was followed by China's own take on America's human-rights record. Beijing pilloried the U.S. for everything from high rates of violent crime to civilian casualties caused by the American military in Iraq and Afghanistan. The pair of reports staked out the two countries' drastically different priorities. "U.S. society values the rule of law, democracy, freedom and the protection of human rights," says Niu Jun, a Peking University professor who specializes in the U.S.-China relationship. "China believes what's important is social stability, collective profits and central authority." Beijing's perspective on human rights is simple: We have lifted 300 million people out of poverty, bringing food, clothing and Internet access to more people than the entire population of the U.S.

In 2009, while visiting Mexico, Xi went off script and voiced a common Chinese complaint. "Some foreigners with full bellies and nothing better to do engage in finger-pointing at us," he said. "First, China does not export revolution; second, it does not export famine and poverty; and third, it does not mess around with you. So what else is there to say?" The outburst was rare, but as he heads to the States, Xi will no doubt stick to the choreographed diplomacy that has characterized four decades of Sino-U.S. ties.


< 良きライバル >
中国の次期指導者が訪米する。その成功要因を検証する。

 厳寒の1972年2月28日、翡翠の灰皿と寂しげな鉢植えが置かれた漆喰の部屋で、米国大統領リチャード・ニクソンと中国首相周恩来は、米中関係正常化の歴史的幕開けとなる複雑な外交的合意に達したというコミュニケを発表した。この調印は、米中関係の目を見張るような40年の開始であり、両国の運命が複雑に絡み合った時代の到来を意味した。1972年には中米の経済交流はほとんどなく、中国の若者が米国へ留学することなど想像もつかなかった。昨年、2国間の貿易は4,500億ドルにのぼり、16万人近くの中国人が米国の大学で学び、米国で最大の留学生数になった。

 ニクソン訪中以降およそ40年が経過した2月14日に、中国の次期指導者・習近平が胡錦濤現国家首席の継承者として頭角を現してから初めての訪米だ。1972年サミットのような歴史的大反響はなく、米中指導者の首脳会談は今や普通のことになっているが、今回の訪米は両国の緊張した政治活動の1年の年頭にあたる。習(シーと発音する)は確実に中国で権力の座に就くだろうし、米国では11月に大統領選挙が行われる。また、両国間の経済的文化的紐帯にも関わらず、人権、貿易、防衛問題で対立が先鋭化する。ワシントン滞在中に、習がこれらの問題にいかにアプローチするかが、今後10年の両国関係のあり方を決定することになるだろう。

 中国の急成長をよく表わしているが、上海コミュニケが調印された建物が取り壊され、そこは民家やプール、10ピンのボーリング場に姿を変えている。しかし何十年にわたる加速度的発展の後に習は国家の舵とりをするのだが、その経済発展を必死になって維持しようとするだろう。経済発展があればこそ中国共産党(CCP)は権力の座を維持できてきたのだから。オバマ政権もまた大事な選挙シーズンに経済不安を抱えている。「米中両国にとって微妙な時期に、習は米国にデビューすることになります」と上海にある復旦大学アメリカ問題研究センター理事・瀋丁立(Shen Dingli)は言う。習はアイオアとカリフォルニアを訪れる計画だが、米国正式訪問の前に娘が在籍するマサチューセッツ州ハーバード大学を訪れる予定などないのは明らかだ。最も大切なパートナーであり競争相手でもある米国を魅了し、かつ当惑させ続ける重要な分野を次に述べる。

< 指導体制 >
 米国にとってイデオロギー的脅威としての共産主義はソ連邦とともに消滅したかもしれないが、中国にあっては、政治権力の根源を共産党が全的に支配し続けている。中国共産党が私的所有や市場改革を歓迎しているのを見れば、マルクスもさぞかし面食らうだろう。しかし、時代に合わなくなったと姿を消していくのではなく、何百万もの党幹部と滑舌巧みなプロパガンダ・マシーンで、中国共産党はますます勢いを増している。新世代でさえ、共産党員になることが成功の必須条件だと考えている。党員になりたいと頑張る人たちの最大の階層は、労働者や農民ではなく大卒者だ。

 中国共産党の今ある強靭さは、指導の在り方を変えてきたことに負うところが大きい。往年の共産党は、毛沢東元国家主席や経済改革を断行した鄧小平という巨頭に頼っていた。現在の党運営は合意により行われている。このような個人崇拝的指導体制からの方向転換が、ある意味では習の名があまり知られていないことの理由だ。この58歳のテクノクラートは、27年前に農業派遣団のメンバーとして初めてアイオアを訪れている。元党大幹部の息子だった習は、中国指導者の子息たちによる太子党のメンバーだ。再婚相手の妻は華麗なフォークシンガーで、おそらく中国では習よりも顔が知られている。習の公認経歴は、これ以上ないほど変化に富んでいる。文化大革命の時代に、エリート層出身だということで一家は罰せられ、下放の苦しみを経験した。そんな経験から、社会の安定と経済改革がとりわけ重要だと考えるようになったのではないだろうか――これはあくまで推測にすぎないが。明確なことは、党内で思想的に対立する派閥間の調和がやっとできた今、それを壊すことがないように、習が拙速な行動をとることはないだろうことだ。大胆な行動は、米国政府にとってしばらくお預けになるかも知れない。

< 経済 >
 中国がクリスマスの飾りつけや安価な車を生産する巨大工場だと考えることに、アメリカ人は慣れきっている。最近では、アメリカを浸食する力を持つ新興経済大国だと、警戒心を持って見るようになってきた。2010年に、中国は日本を抜いて世界第二の経済大国になった。今や中国は、世界で最も急速に発展する消費市場であり、最大の輸出国であり、米国国債の最大の引き受け国だ。

 このどれをとっても、中国共産党の指導なしにはあり得なかった。市場改革は中国経済を転換させたかもしれないが、国家資本主義形態は、政府がまだ中国企業を外国資本から擁護していることを意味する。これが米国の怒りを買う。1月の一般教書演説で、バラク・オバマ大統領は繰り返し中国を攻撃した。「多額の援助を受けているから我々との競争に勝っているというのは、フェアではない」と彼は不平を言う。選挙の年だから共和党を意識して、オバマの中国批判はことさら強くなっているかもしれないが、海外からの投資を妨害することから、輸出品を割安にするために中国元を低く評価しているのではないかという疑念まで、中国のビジネスに対するより深い懸念を反映している。「きたる習次期首相の訪米の際には、市場経済に移行するという姿勢をより強く打ち出してくれるようにと、我々は願っています」と中国商工会議所議長クリスチャン・マークは言う。「なぜなら4年ほどの間、その改革プロジェクトは中断していますから」

 中国政府は違った見方をしている。「米国が財政危機に陥ったなら、危機から脱出することを我々は心から願うことでしょう。我々の経済は切り離せないのです」と北京の精華大学上級研究員であり元対米中国外交官・周(Zhou Shinjian)は言う。中国のGDPは1978年から10倍になったのだとしても、自国の経済力の過大評価について中国政府高官たちは警戒する。GNPが1人当たり8,400ドル(購買力平価)で、中国の順位はドミニカ共和国やタイ国以下だ。我々は未だ貧しいのです、と米国向けのメッセージは発信する。少しは寛大になってほしいものだ、と。

< 防衛問題 >
 1972年上海コミュニケは、いかなる国家も「アジア・太平洋地域において覇権行為を行ってはならない」と警告した。今のところ平和が続いている。しかしその後40年が経過し、世界の中のアジアにおいて、中国と米国はライバルとして新たな時代に突入したといえる。1月にオバマは、米国軍隊をアジア・太平洋地域に戦略的に移動させると発表した。「米国が太平洋国家であることを明確にする」と大統領は一般教書演説の中で宣言した。

 演説の中で中国の名が言われたわけではないが、オバマの言う太平洋の平和(Pax Pacifica)とは、中国の新たな勢力を封じ込めるためのものであることは外交専門家でなくてもわかることだ。この数週間、シリアとイランへの米国の対外政策を中国は妨害してきた。そして中国が紛争中の海域で領有権を声高に主張した時、脅威を感じているベトナムやフィリピンを始めとするアジア諸国を守るために米国は突如割り込んできた。

 それでもオバマのアジアへの傾注は、予想したほど中国を刺激しなかった。アメリカ帝国主義に対する猛烈な非難を期待したメディアさえ、肩透かしを食った。「過剰に反応する必要はありません」と普段は好戦的な「解放軍報」の最高位中国解放軍研究者は言う。しかし外交政策を考えるうえで、新たな要因に目を向けなければならない。愛国主義の中国民衆が増えていることだ。「特にインターネット上で・・」と北京大学政治学教授・朱鋒(Zhu Feng)は言う。「愛国的な感情が発言力を持つようになっていて、それが良識ある政策を危うくするかも知れません」

< 人権問題 >
 毎年米国は中国の人権問題に関するレポートを発表している。昨年の報告は、とりわけ厳しい内容だった。アラブの春が起きた後、北京政府は何十人も逮捕し中国での抗議の芽を摘み取った、とレポートは言う(それ以降約20人のチベット人が、中国政府の支配に抗議して焼身自殺をしており、不穏な兆候だ)。報告が出た数日中に、米国が行った数々の人権侵害に対して中国側の言い分が言いたてられた。米国の暴力犯罪が高率なことから、イラクやアフガニスタンで米軍が殺傷した市民の死傷者数までを中国はやり玉に挙げた。この2つのレポートは、それぞれの優先課題がまったく違っていることを明確にした。「米国社会は法の支配、民主主義、自由、人権擁護に価値を置いています」と米中関係が専門の北京大学教授牛軍(Niu Jun)は言う。「中国が重要視するのは、社会的安定、集団的利益、中央集権です」人権に対する中国の見解は明快だ。我々は300万の人民を貧困から救いだし、米国の全人口より多い人民に食料や衣料を与えインターネット・アクセスを可能にした。

 2009年に習がメキシコを訪問した時、原稿から外れて多くの中国人が持っている不満を口にした。「何処かの外国人は、たらふく食べて他にすることがないから、我々のことを指さしてあれこれ言っている」と習は言った。「第一に、中国は革命の輸出はしていない。第二に、飢餓や貧困を輸出していない。第三に、メキシコを搾取していない。何も言われる筋合いはない」めったに怒りを露わにすることがない習だが、合衆国に向う時、演出通りの外交術を守り通すのは間違いないだろう。40年間の米中関係がそうであったように。

inserted by FC2 system