2014年3月TIMEを読む会

Sochi's Sixth Ring
Monday, Feb. 10, 2014
By Simon Shuster / Sochi


On the foggy Friday afternoon of Jan. 17, a convoy carrying Russia's top Olympic managers crawls up a narrow ridge of the Caucasus Mountains toward the Laura sports complex, one of the venues that will host the Winter Games. But the real master of the Games--Russian President Vladimir Putin--is already inside.

With the Sochi Olympics scheduled to begin on Feb. 7, nearly all the preparations have been finished. What's left are the last-minute security precautions, "what we call fine-tuning," says Dmitry Chernyshenko, head of Russia's Olympic Organizing Committee. But all eyes in the final days are on Putin, who insists on managing the last details himself. He's already laced up his skates to test the ice at the hockey rink. As the top Olympic managers wait in a conference room on an upper floor of the Laura complex, Putin pauses for several minutes in a ground-floor hallway, his head bowed, to inspect a report on Sochi's transportation system. In whispers, his bodyguard warns me not to interrupt. "He considers these Games his baby," Chernyshenko tells me afterward. "So it's natural that he's taking care of them himself."

Natural, perhaps, but also necessary. Any security breach, let alone a terrorist attack during the Games, could blow a hole through Putin's carefully constructed and fiercely guarded image as Russia's great protector. Too much has already been wagered on this effort for him to leave anything to chance. Russia has spent nearly $2 billion on security alone, while the total cost of more than $50 billion will make these the costliest Olympics ever.

If all goes smoothly, Sochi could be the redeeming triumph of Putin's career. A Sochi Games remembered for medals, records and hospitality rather than terrorism and fear could demonstrate that the rigid command structure he has installed during his nearly 10 years as President and nearly five as Prime Minister--running a government his critics dismiss as deeply corrupt and inefficient, sputtering along on easy profits from the sale of oil and gas--was exactly what was needed to show the world that modern Russia is capable of hosting one of the world's greatest celebrations of sports.

But the attention Putin has lavished on "his baby" has also made it an enormously tempting target for his enemies. Sochi lies a day's drive from the heartland of insurgents who have been fighting for more than a decade to turn the region into an Islamic state. Their tactics include regular suicide bombings: in the four months leading up to the Games, four separate bombings have struck cities close to Sochi, one in Pyatigorsk and three in Volgograd, killing at least 43 people and wounding dozens more. "Every terrorist in the region has been waiting for this chance to hit Putin where it hurts," says Yulia Yuzik, an author who has written two books about suicide bombers in the region.

In a way, the insurgents have already succeeded in tainting these Olympics with fear. Although the Obama Administration has not advised athletes or spectators to stay away from Sochi, it warns of an "uptick in threat reporting." And the talk of "black widow" suicide bombers and Internet threats from purported terrorists has Olympians rethinking plans to have family members make the trip. It is eerily reminiscent of the Salt Lake City Games in 2002, just months after 9/11, when armed FBI agents patrolled the slopes of Park City along with the National Ski Patrol, waiting for terrorists to descend from 10,000 feet high in the Rockies. None did.


Despite the escalating threats, Putin does not arrive at the Laura complex with his usual cortege of a dozen armored cars. He doesn't need to. Sochi and its suburbs are already encircled in what authorities are calling the ring of steel, a security measure unprecedented in Olympic history. Some 40,000 troops have been deployed around Sochi, amounting to more than 10% of the city's population. (By comparison, a police force of 6,000 guarded the last Winter Games in Vancouver, a city 30% larger than Sochi.) Cars registered in other parts of Russia have been barred from the city for the duration of the Games, and Sochi residents are discouraged from driving at all. In the mountain cluster of Olympic venues above Sochi, getting on a ski lift or crossing a pedestrian bridge requires a security-screening process no less stringent than those at New York City airports.

In essence, the ring of steel has returned Sochi to its original state--that of a fortress on Russia's frontier. The armies of Czar Nicholas I erected its walls in the 1830s, when the Russian Empire was expanding southward to the Black Sea coast. Then as now, the main threat Russia faced in the region was not from foreigners but from the defiant gortsy, the local highlanders whose warfaring skills had been shaped by a history of fending off invaders, including the Romans, Persians and Ottoman Turks. Russia's struggle to subdue the gortsy took most of the 19th century, as even the Czars' most able caste of warriors--the Cossacks--struggled to pacify the native horsemen.

Ancient history and its grudges run through the present conflict, and Putin has revived some old-time methods for dealing with the threats. In 2008 he rearmed the Cossacks. Their military units had been disbanded in Soviet times, when the Communist Party persecuted their Orthodox Christian faith and derided their culture as a relic of the Russian monarchy. But less than a year after Russia was awarded the Games, the region that includes Sochi restored the Cossacks' official status (and government paychecks) as defenders of the Russian borderlands--the same function they served under the Czars. Visitors to the Olympics will find them patrolling Sochi and its suburbs in their traditional uniform of lamb's-wool hats and knee-high boots. "The Olympics will be our chance to prove our worth," says Vladimir Davydov, a local Cossack officer and Sochi city councilman. "So we cannot allow ourselves to fail in defending them."

Neither can Putin. The core promise of his leadership has always been security, even when it comes at the expense of civil liberties and democratic reforms. In 2000, when he first came to power, that was a bargain Russians were all too eager to accept. The freewheeling 1990s, the first decade of democracy in Russian history, had seen two wars against separatist guerrillas in the region of Chechnya and ended in 1999 with a string of bombings in Moscow. Putin took over the following year with his famous pledge to drown the terrorists "in the outhouse" and to restore a sense of calm.

So these Olympics are a test of whether Putin's iron fist can guarantee security for even a couple of weeks in just one corner of the Caucasus. That is why the fortress of Sochi was built at such cost, and if it fails this time, Russia's grip on those mountains will look as weak to the world as when the gortsy still used sabers instead of bombs. "We always knew the stakes," says Chernyshenko. "We knew from the beginning that it's unforgivable not to deliver everything that has been promised." But as the opening ceremony has moved closer, so has the drumbeat of manhunts, terrorism alerts and explosions in Sochi's backyard. With all that, the promise of a tranquil month of sports, and a Russia free from fear, may already be impossible to deliver.

Sochi's Sixth Ring

≪もう一つのソチオリンピック:舞台裏の闘い≫


1月17日金曜日の霧深い午後、ロシアオリンピック運営委員幹部を乗せた車列がラウラ競技場に向かってコーカサス山脈の細い山道をゆっくりと登っていた。冬季オリンピック会場の一つだ。しかしオリンピックの真の主人公、ロシア大統領ウラジミール・プーチンはすでに現地にいる。

2月7日開催予定のソチオリンピックに向けて、すべての準備はほぼ完了している。後は治安対策の最終確認だけ。ロシアオリンピック組織委員会会長ドミトリー・チェルニシェンコは「いわゆる微調整」だと言う。しかし仕上げの何日間、みんなの眼はプーチンに注がれていて、当の本人は最終点検の細部は自分が直接やると言い張っている。すでに自らスケート靴を履いてアイスホッケー会場の氷の状態をテスト済みだ。オリンピック運営委員の幹部連中をラウラ競技場上階の会議室に待たせたまま、一階廊下で数分立ち止まっては、うつむいてソチの交通機関に関する報告を点検する。大統領のボディーガードがひそひそ声で、邪魔をしてはいけないと私に警告する。「オリンピックは大統領の寵児です」と後ほどチェルニシェンコは私に言う。「ですから自分の手で世話を焼くのは当然でしょう」

当然かもしれないが、必要でもあるのだ。治安対策の漏れが少しでもあれば、それこそオリンピックの最中にテロでも起きたりしたら、入念に作り上げ強権的に維持してきた偉大な保護者としてのプーチンのイメージに傷がつく。成功のためにあまりに多くのものが注ぎ込まれてきたので、運を天に任せるでは済まない。治安対策だけでもほぼ20億ドルを費やし、総額500億ドルを超える巨額の費用はオリンピック史上最高額になるだろう。

すべてが無事に運んだら、ソチはプーチンの力を大きく挽回させるだろう。テロと恐怖ではなく、メダルと記録と主催国の心温まる歓迎で記憶されるソチオリンピックになったとしたら、大統領としての10年と首相としての5年間でプーチンが確立した強固な官僚統制機構があればこそ、現代ロシアが世界最大のスポーツ祭典を主催できる力を世界に示せたのだと誇示できるだろう――深部まで汚職にまみれた政府と非効率な行政、オイルとガスから捻出される安易な財政、そんな酷評はあるとしても。

しかしプーチンが「寵児」に惜しみなくつぎ込んだ愛情は、同時にプーチンの政敵のまたとない攻撃対象になる。ソチは、イスラム国家に変えようと10年以上闘っている反政府組織の心臓部から車で一日の距離にある。日常的な自爆テロなどを闘争手段とする。オリンピックまでの4か月、ソチに近い町で4つの個別的爆破テロがあった。1つはピャチゴルスクで、3つはボルゴグラードで起こり、少なくとも43人が死亡し、何十人も負傷した。「この地域のすべてのテロリストは、プーチンの急所を攻撃する絶好のチャンスだと待ち構えている」とこの地方の自爆テロに関する2冊の本を書いたユリア・ユジックは言う。

ある意味では、恐怖を与えることで反政府勢力はすでにオリンピックを傷つけることに成功している。オバマ政権は選手や観客にソチに行かないようにと言ってはいないが、「テロ予告の数が増えている」と警告を発している。そして「黒い未亡人」の自爆テロの噂や自称テロリストによるネット上の脅迫によって、オリンピック選手は家族をソチに呼ぶことを躊躇っている。9.11から数ヵ月後に開催された2001年ソルトレイクオリンピックが不気味に甦る。武装したFBIが国家スキー警備隊員を伴ってパークシティの斜面をパトロールし、ロッキー山脈の1万フィートの高さからテロリストが舞い降りてくるのを警戒していた。何事もなかったが。

< 雪の要塞 >
高まるテロの脅威にもかかわらず、プーチンはいつもの装甲車を連ねてラウラ競技場にやって来たのではない。その必要はないのだ。ソチ周辺一帯は、国家が鋼鉄の輪と呼ぶオリンピック史上前代未聞の治安警備の防壁で囲まれているからだ。4万人の軍隊がソチの周囲に配備され、その数はソチ市人口の10%を超える(例えば、ソチ市より30%大きなバンクーバー市で開催された前回の冬季オリンピックでは6千人の警察が警備した)。オリンピック開催中はロシアの他市で登録された車がソチに入ることを禁じられ、ソチ住民も車の使用を控えるように命じられた。オリンピック会場になったソチの山では、スキーリフトに乗ったり歩道橋を渡ったりする時にも、ニューヨーク空港並みのセキュリティーチェックが課せられた。

要するに鋼鉄の輪はソチを旧来の姿に戻したといえる――ロシアの最前線基地だ。ロシア皇帝ニコライ1世の軍隊は1830年代に城壁を築いた。当時、ロシア帝国は黒海沿岸へと南進を続けていた。翻って現在、この地でロシアが直面する主要な脅威は外国の軍隊ではなく、地元の高地民族で恐れを知らぬ山の民(Gortsy)からの脅威なのだ。彼等の優れた戦闘能力は、ローマ、ペルシャ、オスマントルコなどの侵略者を撃退してきた歴史の中で培われた。この山の民を鎮めるためにロシアは19世紀のほとんどを費やし、ツァーの軍隊の中でも最も果敢な戦士コサックでさえ、この地の騎馬民族を制圧するのに苦労した。

歴史上の軋轢と怨恨は現在の対立につながっていて、プーチンはテロの脅威に対処するために昔の手段を幾つか復活させた。2008年にコサックを再武装させた。コサック族の軍隊はソビエト時代に解体された。その時、ソ連共産党はロシア正教会を迫害し、彼らの文化を帝政時代の遺物だと嘲った。しかしロシアがオリンピック開催権を勝ち取って1年も経たないうちに、ソチを含む地域ではコサックが国境警備隊としての地位を正式に回復した(政府から給与も支給される)――帝政時代にも同じ役割を果たしていた。オリンピックに訪れる人たちはソチやその郊外で、伝統的なラムウールの帽子と膝までのブーツを身にまとって警備するコサック兵を見ることだろう。「オリンピックは私たちの価値を認めさせるいい機会になるでしょう」と地方役人でソチ市議員のコサック、ウラジミール・ダビドフは言う。「ですからオリンピックを失敗させることはできません」

その思いはプーチンも同じだ。指導者としてのプーチンの一番の公約は常に治安の確保であったし、市民的自由や民主改革を犠牲にしても治安が優先される。初めて大統領に就任した2000年、ロシア人は治安を必要としていたあまりに受け入れざるを得なかった譲歩だった。自由を享受した1990年代はロシア史上で初めて民主化がおこなわれた10年だったが、チェチェン共和国の分離主義ゲリラに対する2つの戦争が起こり、モスクワでの相次ぐ爆破テロをもって終った。プーチンはその翌年に大統領に就任し、例の「便所に隠れる」テロリストを溺れさせ、平穏を取り戻す、という有名な言葉で誓った。

今回のオリンピックは、プーチンの鉄拳がコーカサス地方の一角での2週間だけでも治安を確保できるかどうかの試練となる。だからこそソチの要塞がこれほどの費用を投下して築かれたのであり、それが失敗に終われば、この山岳地帯におけるロシアの統治が、爆弾の代わりにサーベルを用いていた山の民の時代と同じほど脆弱だということを世界に曝すことになるだろう。「常に危険があることはわかっていました」とチェルシェンコは言う。「公言したことをすべて実行しなければならないことは、最初からわかっていました」しかし、開会式が近づけば近づくほどに、ソチのお膝元での容疑者捜し、テロの警戒、爆破の足音も刻々と近づいている。それらを総合すれば、スポーツ祭典の平穏な日々とロシアの安全確保の約束は、すでに実現不可能かもしれない。

Monday, Feb. 10, 2014
Road to Redemption
By Simon Shuster / Sochi

Four years ago, when the last winter olympics came to an end, Russia's state news agency RIA Novosti captured the nation's feelings about Team Russia's medal haul with a headline: nightmare in vancouver. Never in its history had the Russian team (or, for that matter, the Soviet one) performed as atrociously at the Winter Games. Viacheslav Fetisov, the Russian hockey legend who served as the Kremlin's top sports official leading up to those Games, remembers Vancouver as a "total collapse" — and a hard lesson. "We learned a lot," he says. "And now we have a chance at redemption in Sochi."

As one of the greatest defensemen in hockey history, Fetisov captained Russia's bid in 2007 to host this year's Winter Olympics in Sochi. Since then, he has also been one of the few senior Olympic officials to dare set a target for the Sochi medal count. "Fourteen golds," he tells Time. "I believe that's realistic." With the home-field advantage, maybe. But it would also be the best Winter Olympics showing in Russian or Soviet history. Redemption? More like a miracle on ice.

For his part, Vladimir Putin, the President of a superstitious nation, has avoided jinxing the national team with any predictions, especially after the humiliation in Vancouver sent Russia's athletes home with a measly three golds, none of which were in the sports that Russia tends to dominate — figure skating and hockey. (The team also won five silver and seven bronze medals.) For months afterward, Putin couldn't get away from the topic. "Wherever I go, the first question is about Vancouver, 'What happened in Vancouver, what was the problem?'" he complained to a meeting of sports officials that spring. "People have even stopped asking about their wages, about the economy."

The Vancouver disaster remains the subject of an ongoing blame game. Some officials claim that training budgets had been pilfered. Others point to the unseasonably warm weather. Still others, including Fetisov, say the athletes suffered from jet lag because they arrived in Vancouver too close to the Games. As host nation, Russia clearly can't blame jet lag this year. So all eyes are now on the lineup of Russian athletes hoping to make good in Sochi.

The crowd favorite will be Evgeni Plushenko, the three-time world figure-skating champion who won gold at the Torino Games in 2006. He will compete only a year after undergoing major surgery on his spine, and at the age of 31, these will probably be his last Olympics. The other Team Russia darling is Evgeny Ustyugov, who became a national hero for bringing home a precious gold from Vancouver in the biathlon, the sport that combines cross-country skiing and shooting. Russia's hockey team also looks strong, with several stars playing in the National Hockey League, including Washington Capitals winger Alexander Ovechkin, one of the world's best.

But home-field advantage may not do the Russian stars much good. Because of construction delays, Olympic venues in Sochi only opened for training at the end of January, leaving the locals only a week to gain an edge over their foreign rivals. And the moral support expected from cheering home crowds may not be as strong as it could be; three weeks before the opening ceremony, Russia's Olympic Organizing Committee announced that 30% of its tickets remain unsold, about 10 times more than at the end of the Games in Vancouver and the Summer Olympics in London in 2012. "Don't worry," says Fetisov. "Our fans know how to cheer. The ones who show up in Sochi, their energy, that's what will get us the gold." And if Team Russia does get enough of it, Putin may never have to answer questions about Vancouver again.

Road to Redemption
≪凱旋への道≫


4年前、昨冬季オリンピックが終わった時、ロシアの国営通信社RIAノボスチは、ロシアチームのメダル獲得に対する国民感情を次のようなヘッドラインで伝えた。「バンクーバーの悪夢」未だかつてロシアの歴史上で(さらには旧ソビエトの歴史上で)、冬季オリンピックにおいてこれほどの惨敗を期したことはなかった。クレムリンスポーツ担当トップ官僚でありロシア・ホッケー界のレジェンド、ヴィチェスラフ・フェティソフは、バンクーバーを「完敗」であり、厳しい教訓として記憶している。「多くのことを学びました」と言う。「だから今回、ソチを挽回のチャンスとするのです」

ホッケー史上最高のディフェンスとして、フェティソフは2007年に行われた冬季オリンピック誘致競争のキャップテンを務め、開催地をソチにもたらした。それ以降、ソチでのメダル獲得数をあえて掲げた数少ないオリンピック役員の一人だった。「14個の金メダル」と彼はタイム誌に語る。「現実的な数だと思います」開催地の利を生かせる、と期待しよう。しかし同時に、ロシアの、あるいはソビエトの歴史上で最良の冬季オリンピックになるだろう。挽回。いやむしろ氷上の奇蹟と呼ぶにふさわしい。

ウラジミール・プーチンにしてみれば、縁起を担ぐ国の大統領として、ロシアチームの不運を予期するような兆候はすべて避けてきた。特にたった3個の金メダルを下げてロシア選手団が帰国したバンクーバーでの屈辱の後では。その金メダルはどれもロシアが得意とするフィギュアスケートとアイスホッケーではなかった(ロシアチームは銀メダル5個と銅メダル7個を獲得した)その後数ヵ月、プーチンはこの話題から逃れられなかった。「どこに行っても、最初に聞かれるのはバンクーバーのことだった。『バンクーバーでは何が起きたのですか。何が悪かったのですか』」その年の春、スポーツ担当者の会議で不平を漏らした。「みんなは賃金のことや経済のことを質問することさえやめた」

バンクーバーの惨憺たる事態は未だに非難合戦の種になっている。ある高官は、訓練費用が中間搾取されたと主張する。他の高官は、異常気象の暖冬のせいだと言う。またフェティソフもその一人だが、オリンピック直前にバンクーバーに到着した選手たちは時差に苦しんだと言う者もある。今年は開催地だから時差のせいにはできないのは明らかだ。そこで今やみんなの眼はロシア選手団に注がれ、ソチの成功を望んでいる。

皆のひいきはエヴゲーニ・プルシェンコだろう。3度の世界フィギュアスケート選手権でチャンピオンになり、2006年トリノオリンピックでは金メダルを獲得した。脊椎の大手術後たった1年での出場になり、しかも31歳、おそらく今回が最後のオリンピックになるだろう。他のロシアチームのお気に入りはエヴゲーニ・ウストイウゴフ。バンクーバーではクロスカントリーと射撃の組み合わせを競うバイアスロンで貴重な金メダルをもたらして国民的英雄になった。ロシアホッケーチームも強豪のようだ。世界の最強選手の一人であるワシントン・キャピタルズのウイングを務めるアレクサンダー・オベチキンなどロシアホッケーリーグで活躍する何人かのスター選手がいる。

しかし開催地の利点はロシア選手にさほど有利に働かないかもしれない。建設の遅延から、ソチオリンピック競技場は練習の場として1月末にやっとオープンし、外国選手団よりも1週間先んじただけだった。そして本国の応援団から期待できる精神的支えは意外と強くないかもしれない。開会式3週間前に、ロシアオリンピック組織委員会はチケットの30%が売れ残っていると発表した。バンクーバーオリンピック終了時点や2012年夏季オリンピックの約10倍の数だ。「心配は無用です」とフェティソフは言う。「ロシアのファンは応援の仕方を知っています。ソチにやって来る応援団、そのエネルギーが金メダルをもたらすでしょう」そしてロシアチームが金メダルをたくさん獲得したら、プーチンはバンクーバーのような質問にもはや悩まされることはないだろう。

Monday, Feb. 10, 2014
An Olympic Ice Storm
By Alice Park / Boston

For more than a decade, coaches Igor Shpilband and Marina Zoueva have been the go-to taskmasters of ice dancing. He made the U.S. relevant by demanding that athletes stop treating ice dancing as an also-ran event; she insisted on seemingly impossible precision moves and conditioning to turn dancers into athletes. Together, their renown has helped them attract the sport's top talent, including nearly half a dozen teams who are contenders for a medal in Sochi. Together, they became the winningest coaching team in U.S. ice-dancing history. Considering the turnaround that has occurred under their guidance, the 2014 Games should be a shining moment for the duo.

Except for one problem: they aren't talking to each other.

In a very public--and poorly timed--professional breakup, Shpilband and Zoueva parted company in 2012. The dispute has become the defining drama of ice dancing for this Olympics--no small accomplishment in this oft-derided soap opera of a sport that in past years has seen love triangles between competing teams. He was fired from the Canton, Mich., rink where the two had worked since 2003, while Zoueva remained. "She not exist for me," says Shpilband in Russian-accented English.

As a result, dance duos who had logged thousands of hours on the ice with Shpilband and Zoueva were forced to choose sides just a year before the Games. The athletes--including six-time national champions and gold-medal favorites Meryl Davis and Charlie White, who chose to train with Zoueva--say they are ready to compete. But there is no question that they and all the other skaters affected by the split will take the ice in the shadow of the squabble. Depending on how the marks and medals are handed out, Sochi could vindicate one coach or the other--or if the U.S. falls flat, the battle between these two big-name coaches could become the scapegoat.

Ice dancing first became a medal sport at the 1976 Olympics in Innsbruck. Meant to highlight the more precise, technical bladework required to translate familiar ballroom styles like the quick step and European waltz to the ice, it lacked the wow factor of figure skating's spectacular jumps and dizzying spins. So it was no surprise that few skaters (and more important, few parents of young skaters) in the U.S. were clamoring to be Fred and Ginger on ice. After earning a bronze at Innsbruck, the U.S. entered a 20-year stretch with no medals, while East European skaters, who benefited from a long cultural history in dance, dominated with dramatic storytelling and technical skill. In the U.S., dance became the sideshow for skaters who couldn't make it in singles or pairs.

Shpilband, an affable Russian with close-cropped dark blond hair and the ruddy complexion of someone who spends a lot of time in cold rinks, was a prime force in changing that. In 1990, when he was touring as a skater (with ice-dance legends Jane Torvill and Christopher Dean), Shpilband and four others, including his soon-to-be first wife, defected from the Soviet Union. They left their hotel room in New York with nothing but their skates and cameras in order to avoid suspicion. "None of them spoke English," says Johnny Johns, then skating director of the Detroit Figure Skating Club, who had been looking for ice-dance coaches to fill out his roster. Impressed by their résumés, Johns took them in.

Shpilband skated professionally in shows, but to help him earn more money, Johns and other coaches threw him some young students to work with. Transplanted from a country that had won seven of the 10 Olympic golds awarded in ice dancing, Shpilband was blissfully ignorant of the American perceptions of the sport and set about training his young charges to become future champions. "U.S. ice dancers needed to be more theatrical, more out there and over the top," says Judy Blumberg, who competed for the U.S. in the 1980 and 1984 Olympics. Shpilband brought that desperately needed quality to American teams--as well as a strict training ethic. "He had a Russian approach, and he wouldn't say, 'That was O.K.,' " says Ben Agosto, whom Shpilband paired with Tanith Belbin and guided to a silver in 2006, the U.S.'s first Olympic ice dancing medal in 20 years. "He'd say, 'That wasn't good enough.' "

A turning point in the sport came in 2001, when Shpilband and Johns invited Zoueva to join the increasingly popular program. It was a shrewd move that coincided with a change in rules that made the judging of ice dance more objective. Zoueva, a former junior ice dancer who hailed from the same Red Army Skating Club in Moscow where Shpilband trained, was a perfect match for him in mind-set and vision. Best known for her work with Ekaterina Gordeeva and Sergei Grinkov, the elegant pairs team and two-time Olympic figure-skating champs, she brought a creative flair to the coaching and choreography and a laserlike focus on conditioning and off-ice training. She and Shpilband consulted with acrobats from Cirque du Soleil to mastermind breathtaking lifts and invited dance specialists to give their skaters' programs the authenticity and memorable moments that judges rewarded.

As Shpilband and Zoueva's success grew, so did demands on their time. In 2003 they moved their program 30 miles (48 km) west to Arctic Edge Arena in the Detroit suburb of Canton, where daily, dedicated time for ice dancing was available. Joining them at their new facility were Canadians Tessa Virtue and Scott Moir (whom the two guided to Olympic gold in 2010), as well as Madison Chock and Evan Bates and the up-and-coming brother-sister team of Maia and Alex Shibutani.

There was also Meryl Davis and Charlie White, hoping to outdance the Canadians to win the U.S.'s first gold in the event. Davis had never danced before when she was paired with White in 1997. "I'm not going to lie, I was a little put off that she didn't know anything about ice dance, since I was already on the European waltz," White jokes about their first encounters. But Davis, also a singles skater, immediately took to dance, which meant having a partner and a hand to hold. "I hated skating by myself," says Davis. Having White on the ice with her helped calm the butterflies and make competing bearable, even enjoyable.

By then, Shpilband and Zoueva had made a virtue of having multiple top teams under their wing. "We never second-guessed the value of training with our competition," says Belbin, who shared ice time with her rivals during the 2000s. The lineups for training sessions looked like a world championship. The medalists for the 2011 Worlds, in fact, all trained in Canton: Davis and White (gold), Virtue and Moir (silver) and the Shibutanis (bronze).

But while the skaters were making history together, Shpilband and Zoueva's relationship started to come apart in 2012. Zoueva told the skaters that Shpilband wanted to coach students exclusively and that that would affect their training and ice time. Shpilband denies this and says he was blindsided by the questions about his commitment and dedication to his students. He says that Zoueva was scheduling training sessions without consulting him and that there were "lots of lies in the story--people and skaters [got] manipulated."

As the coaches continued to feud--including in a public argument in the arena's lobby--the rink's management asked Davis and White whom they would choose if the coaches split. They chose Zoueva, so Shpilband was fired. He sued, Davis and White were deposed, and although the case was settled, the bitter feelings remain. "I don't have any relationship with her," Shpilband says.

Only Chock and Bates opted to move one suburb north with Shpilband to the Novi Ice Arena, and they said their training didn't miss a beat. The skaters who stayed with Zoueva have been mum about the split but are still on good terms with Shpilband. "I don't regret anything that I have done," he says. "Life goes on. I'm really happy to see Meryl and Charlie and Tessa and Scott and the Shibutanis succeeding. We spend so many years together, and you give not just your time but your life and your passion. That's not going away. I will always be cheering for them."

AN OLIMPIC ICE STORM
≪オリンピック・アイスストーム≫

<2人の主力コーチはソチで苦い戦いを演じることになるだろう>

10年以上の間、コーチのイーゴリ・シュピリバンドとマリナ・ズエバはアイスダンスの中心的指導者だった。シュピリバンドはアスリートたちにアイスダンスを余興的なB級競技として蔑むことをやめさせ、米国がアイスダンスを競技として相応しい扱いをするようにした。ズエバはダンサーをアスリートへ変えるために、不可能なまでの正確な動きとコンディショニングを要求した。2人の名声のおかげでトップ級の選手を引き付け、その中にはソチでメダルを獲得する可能性のある有力チームが何組もいた。2人のコーチは米国アイスダンス史上で最もメダルに近いコーチ陣になった。最強のコーチの指導による立て直しを考えると、2014年オリンピックはこのコンビの輝かしい見せ場になるはずだった。

ある問題さえ起きなければ。互いに口を利かなくなっているのだ。

公然と、そしてまったくまずい時期にシュピリバンドとズエバは決裂し、2012年にコンビを解消した。諍いは今季オリンピックのアイスダンスの格好の見世物になった――過去数年間、競い合う互いの間で生じた三角関係は、スポーツ界のメロドラマとして笑いの種になり影響は小さくなかった。シュピリバンドは2003年からズエバと共に指導してきたミシガン州キャントンのリンクから解雇され、ズエバは残った。「ズエバは私にとって存在しないに等しいのです」とシュピリバンドはロシア語訛りの英語で話す。

その結果、シュピリバンドやズエバと一緒に限りない時間を練習に費やしてきたアイスダンスのペアたちは、オリンピックまで後1年という時に、どちらにつくかを選ばなければならなくなった。選手たちの何人かはズエバをコーチとして選び(その中には6度の全米選手権優勝と多くの金メダルを獲得したメリル・デイビス&チャーリー・ホワイト組もいた)、いつでも競い合う用意がある、と言う。しかし2人は勿論のことこの対立に巻き込まれた他の選手たちも全員、諍いの影を背負って滑ることだろう。ソチでどんな得点やメダルを獲得するかによって、どちらのコーチが優秀かを証明するだろう。もし米国の成績が振るわなければ、2人の超大物コーチはスケープゴートにされかねない。

アイスダンスは1976年インスブルック・オリンピックで初めてメダル競技になった。お馴染みの社交ダンス風にヨーロピアンワルツを氷上で演じるには、より正確で技術的なエッジ捌きが評価されるので、フィギュアスケートのような豪華なジャンプや目が回るようなスピンというアッと驚かせる要素に欠いた。だから米国のスケーターが(重要なことは、若いスケーターの親たちが)氷上のフレッドとジンジャーになりたいと思わないのも無理もなかった。インスブルック・オリンピックで銅メダルを獲得した後20年間、米国はメダルから遠のき、一方で東欧のスケーターはダンスの伝統の恩恵を受け、ドラマチックな表現力と高い技術で他を圧倒した。米国では、アイスダンスはシングルやペアで成績が振るわないスケーターが演ずる余興でしかなかった。

ダークブロンドの丸刈りで、冷たいリンクで何時間も過ごす人に特有の赤ら顔をした人好きのするシュピリバンドは。そんなアイスダンスのイメージを良くするための大黒柱だった。1990年にシュピリバンドはスケーターとしてツァーに参加したが(アイスダンスのレジェンド、ジェーン・トービルとクリストファー・ディーンもいた)、その時シュピリバンドと他の4人は(間もなくその中の1人が彼の最初の妻となる)、ソ連邦から亡命した。怪しまれないために、スケート靴とカメラ以外は何も持たずにニューヨークのホテルの一室を後にした。「誰も英語は話せませんでした」と当時デトロイト・フィギュアスケートクラブの監督で、登録選手名簿を埋めるためにアイスダンスのコーチを捜していたジョニー・ジョーンズは言う。選手たちの経歴に目を見張ったジョーンズは彼等を受け入れた。シュピリバンドはプロとしてアイスショーで滑っていたが、ジョーンズらコーチたちは彼を経済的に助けるために、何人かの若い学生を訓練するように紹介した。オリンピックでのアイスダンス競技における金メダル10個のうち7個を獲得した国から移住して、シュピリバンドは無邪気にも米国のアイスダンスに対する見かたにまったく無知なまま、将来のチャンピオンに育てるべく生徒たちの訓練を始めた。「米国のアイスダンス選手にはドラマチックで、アピール性があり、かなり派手な演出が必要でした」と1980年と1984年に米国選手として出場したジュディ・ブランバーグは言う。シュピリバンドはアイスダンスに不可欠なそのような質を米国チームに与えた――同時に厳格な訓練の倫理も持ち込んだ。「シュピリバンドはロシア的練習法を実践したし、絶対に『よかった』とは言いませんでした」とベン・アゴストは言う。ベンはシュピリバンドがタニス・ベルビンとペアを組ませ、2006年のオリンピック・アイスダンスで20年ぶりのメダル獲得となった銅メダルを勝ち取るまでに育てた選手だ。「彼は言うのです。『まだまだだ』と」

アイスダンスのターニングポイントは2001年に訪れた。シュピリバンドとジョーンズはますます人気が高まるアイスダンスにズエバを招き入れたのだ。それはアイスダンスのルールが変わり、評価により客観性が取り入れられるようになったのを見据えた賢明な動きだった。ズエバはシュピリバンドが指導したモスクワの同じ赤軍スケートクラブ出身の元ジュニア―・アイスダンス選手だったが、発想も目指すものもシュピリバンドにとってまさにピッタリくるものだった。優雅なペアで2度のオリンピック・フィギュアスケート・チャンピオンに輝くエカテリーナ・ゴルデーワとセルゲイ・グリンコフのコーチとして最もよく知られたが、ズエバはコーチと振付に天賦の才を見せ、コンディショニングとリンク外での訓練にレーザーのように鋭い集中力を求めた。ズエバとシュピリバンドはシルク・ドゥ・ソレイユを参考にしたアクロバット的な演出を取り入れ、息を飲むようなリフトを編み出した上に、ダンスのプロを招いてプログラムの中に審判が得点を加えるような迫力と印象的な場面を入れた。

シュピリバンドとズエバの評価が高くなるにつれて、時間に対する要求も厳しくなってきた。2003年に、2人は48km離れたデトロイト郊外キャントンのアークティック・エッジ・アリーナへと移り、毎日ひたすらアイスダンスに邁進できるようにした。新しい練習場でのチームに、カナダ人のテッサ・ヴァーチュとスコット・モイアが加わり(シュピリバンドとズエバはこの2人に2010年オリンピックで金メダルを獲らせた)、マディソン・チョックとエヴァン・ベイツや有望株のマイア&アレックス・シブタニ兄妹組もまたやって来た。

この競技でカナダを打倒して米国に初めての金メダルをもたらすと期待されているメリル・デイビス&チャーリー・ホワイト組もいた。デイビスは1997年にホワイトとペアを組むまで一度もアイスダンスを経験していなかった。「正直に言うと、彼女がアイスダンスのことをほとんど知らないので少しガックリしました。僕はすでにヨーロピアンワルツを滑っていたんですから」ホワイトは初めて出会った時のことを笑って言う。デイビスはシングルで滑っていたが、たちまちアイスダンスが好きになった。アイスダンスを演じるということは、パートナーがいて、手を取り合って滑ることだった。「一人で滑るのは好きではありませんでした。リンクの上ではホワイトというパートナーがいるので、ドキドキしなくなり競技に耐えられるようになりました。競技がむしろ喜びになりました」

その時にはすでに、シュピリバンドとズエバは多くのトップ級の選手を抱え込むようになっていた。「ライバルと一緒に練習するのを嫌だと思ったことは一度もありません」2000年以降ライバルたちと同じリンクで練習したベルビンは言う。練習中の顔ぶれを見ればまるで世界選手権大会のようだった。事実、2011年の世界大会のメダリストは全員キャントンで練習した選手だ。デイビス&ホワイト組(金)、ヴァーチュ&モイア組(銀)、マイア&アレックス・シブタニ組(銅)といった具合だ。

しかし選手たちが仲良く歴史を刻んでいる一方で、シュピリバンドとズエバの関係は2012年にギクシャクし始めた。ズエバは、シュピリバンドが生徒の指導を独り占めにしようとして、トレーニングやリンク上での練習に影響する、と生徒に言った。シュピリバンドはそれを否定して、自分は生徒のために一生懸命になっているのに、それについて批判するなんて意外だ、と言った。むしろズエバの方がシュピリバンドに相談もなく練習スケジュールを決めたりするし、「彼女の話は嘘ばかりで、選手や他の人は騙されている」と言う。

アリーナのロビーのように大勢が見ているところで言い争をするなど、コーチの不和が続いたので、リンクの監督は、2人がコンビを解消した時には、どちらを選ぶかとデイビスとホワイトに尋ねた。彼等はズエバを選び、シュピリバンドは解雇された。彼は訴えを起こし、デイビスとホワイトは引退。訴訟は和解したがしこりは残っている。「ズエバとはまったく話しません」とシュピリバンドは言う。

チョックとベイツだけがシュピリバンドと共に北に1つ郊外をまたいだノバイ・アイスアリーナに移ることを選び、練習にはまったく影響していないと言った。ズエバを選んだ選手たちは決裂について何も語らないが、シュピリバンドとはいい関係でいると言う。「自分のしたことに何の後悔もありません」とシュピリバンドは言う。「日々は続いていきます。メリル&チャーリー組やテッサ&スコット組、それにシブタニ組が成功しているので、本当に幸せです。多くの年月を一緒に過ごすのです。時間だけではなく、自分の人生や情熱も注ぎ込むのです。それは消えることはありません。常に彼らを励まし続けます」

Monday, Feb. 10, 2014
Teen Queen of Slalom
By Bill Saporito

For American ski prodigy Mikaela Shiffrin, practice (and lots of sleep) makes perfect

As one of the youngest racers on the World Cup tour, 18-year-old Mikaela Shiffrin has an advantage over her older competitors: sleep. That's important, because in her specialty, the slalom, some of the races are run at night. "People waste energy in the morning, and they have none left at night," she says. Shiffrin spends those late-race days logging z's and then some. "I sleep a lot, as a teenager," she says, "and even as teenagers go too."

Maybe her opponents can't sleep because they know they face in Shiffrin the reigning world slalom champion and the first American to hold that title since 1984. Shiffrin is a racing prodigy who won two world titles before she graduated from high school. She's been running gates since she was a runny-nosed toddler, schooled by her ski-racing mom and dad (a nurse and a doctor in civilian life) and raised in both chichi Vail, Colo., and bucolic New Hampshire.

The timing is fortuitous for American medal hopes in Sochi. Shiffrin steps into the Olympic limelight just as the glamorous but injured Lindsey Vonn steps out of it. Shiffrin is a favorite in the slalom, in which skiers take two runs down an icy course lined with about 70 tightly packed gates in about 55 seconds. The lowest combined time wins. She'll also run the longer, faster giant slalom, where her times have been improving rapidly. These are called the technical events as opposed to the speed events, which include the downhill, super-G and super combined.

Even without Vonn, the Americans look like medalists in a number of Alpine events. Julia Mancuso, 29, already owns three Olympic medals, including gold in the GS. She has a habit of showing up on the podium at truly big races. On the men's side, Ted Ligety is the reigning GS champion, and five-time medalist Bode Miller, back from injury, is capable of astounding feats on skis in any race.

Like any other prodigy, Shiffrin has been practicing most of her life, dedicated to the music of perfect turns. "Every day I step on skis, I'm hoping to improve something. So I can honestly say that I'm getting faster. That's what gives me the most confidence in my races," she says. That was evident at a recent slalom in Flachau, Austria, where she led the field by almost a full second after the first run--an unthinkable margin in a nanosecond-minded sport. More recently, Shiffrin has been working hard at getting a quicker start and running the first couple of gates faster. "There are 15 girls who could crush me if I take my foot off the gas," she says. But that isn't likely to happen. One other thing: the slalom at Sochi takes place at night. Better get some sleep, ladies.

TEEN QUEEN OF THE SLALOM
≪10代のスラロームの女王≫


<ミカエラ・シフリンにとって練習がすべてだ。そして睡眠も>

ワールドカップツァーの最年少選手の1人、18歳のミカエラ・シフリンには年上の選手よりも有利な点がある。睡眠だ。なぜ睡眠が大事かというと、ミカエラの競技はスラロームでその何種目かは夜にあるからだ。「みんなは朝にエネルギーを消耗して、夜には使い切っています」と言う。シフリンはそんな夜間レースの日々をジグザグを滑ったり、他の様々な練習をこなしたりして過ごす。「よく眠ります。ティーンエイジャーですから」と言う。「ティーンエイジャーはみんなそんなものでしょう」

たぶん彼女のライバルたちは、現スラローム世界チャンピオンで、しかも1984年以来米国人で初めてタイトルを獲得したミカエルと勝負するのだと知っては眠れないだろう。シフリンはスキー競技の天才で、高校を卒業するまでに2つの世界タイトルをとった。鼻水を垂らしたヨチヨチ歩きの頃からポールの間を滑ったシフリンは、スキー選手の母と父(本職は看護師と医者)から訓練を受け、モダンなコロラド州ヴェイルや牧歌的なニューハンプシャーで育った。

ソチで米国がメダルを獲得できる希望は偶然にやって来た。素晴らしい選手だが負傷してしまったリンゼイ・ボンが選手枠から外れた後に、シフリンがオリンピックの脚光を浴びることになったのだ。シフリンはスラロームの人気者だ。スラロームは雪面に狭い間隔で立てられた70のゲートの間を滑り抜ける。1滑走約55秒。2回の合計タイムで順位が決まる。シフリンはまた長い距離のスピードが出る大回転にも参加する予定だが、彼女はこの種目で急速にタイムを伸ばしている。これらの競技はスピード系とは逆に技術系と呼ばれ、スピード系には滑降、スーパー大回転、複合がある。

ボンが欠場しても、多くのアルペン競技でメダルを獲得しそうだ。ジュリア・マンクーゾ(29歳)はGS(大回転)の金メダルなどを含む3個のメダルを獲得している。ジュリアは本当にビッグレースで表彰台に立つことが多い。男子スキーでは、テッド・リゲティが現GSチャンピオン。5度のメダルに輝くボディ・ミラーは怪我から回復し、すべての競技でいい成績を残しそうだ。

他の天才スキーヤーのように、シフリンも人生のほとんどを練習に費やし、完璧なリズムでターンするために切磋琢磨してきた。「毎日スキーを履いて、どこか1つでも良くしようと努力しています。ですから早くなっていると本気で言えます。満身の自信をもってレースに臨めるのはそんな練習があるからです」と言う。それを証明しているのがオーストリアのフラッハウで開催された最近のスラロームで、第1滑走でほぼ1秒の差でトップに立った。ナノ秒を争う競技では信じられない差だ。現在シフリンは、ダッシュを改善しようと厳しい練習を積み、最初の2つのゲートでタイムを縮めた。「少しでも気を抜けば、追い抜かれる選手が15人いるのです」と言う。しかしそんなことは起こりそうもない。ついでに言っておこう。ソチのスラロームは夜に行われる。選手諸君、十分な睡眠をとっておくように。

Ski Like A Medalist
Bill Saporito Jan. 31, 2014

When the Games are gone, world-class slopes open up to the rest of us

It’s been a so-so year for snow in the far west of North America. But you wouldn’t know that at British Columbia’s Whistler Blackcomb, site of the 2010 Games. Anxiety about snowfall prompted planners to expand Whistler’s snowmaking coverage to 8,000 acres (3,240 hectares). As a result, the resort boasted a 50-in. (127 cm) base in late January.

Similar concerns have dogged Sochi, which like Vancouver is near the coast and is sometimes warm in midwinter. So organizers took steps that all but guarantee snow for this year’s Games; the snowmakers have been busy all season. Rosa Khutor is the main ski resort in Krasnaya Polyana, the mountain town above Sochi where about half of the Olympic events will be held. It’s decked out like a kitschy Austrian alpine hamlet except for the outdoor borscht bar smack in the middle of the resort, staffed by uniformed Cossacks serving salo (salted hog fat) and a Slavic moonshine so authentic, it could unfreeze an engine block.

The Russians hope the Games will put Rosa Khutor on the winter tourism map. It’s spanking new but far smaller than the average European ski resort, with only about 43 miles (70 km) of trails. Italy’s Sestriere, site of the 2006 Games, can link skiers to six other resorts (one in France) and 250 miles (400 km) of runs in a region called the Milky Way; the Salt Lake City region, home to the 2002 Games, offers access to 11 ski areas.

SKI LIKE A MEDALIST
≪メダリスト気分で滑ってみよう≫


< オリンピックが終わったら、世界有数のスロープはあなたのもの >

北アメリカの西の果てでは、今年はソコソコの雪が降った。しかし2010年冬季オリンピックの開催地ブリティッシュコロンビアのウィスラー・ブラッコムでは雪の予測ができなかった。降雪量を危ぶんだオリンピック委員会は、急遽ウィスラーの8,000エーカー(32km平方強)に及ぶ地域を人工雪で覆うことを余儀なくされた。その結果、1月下旬に堂々127cmの積雪が準備できたのだ。

同じ心配がソチを悩ませていて、バンクーバーのように海岸に近く、時には真冬でも温暖だ。そこで組織委員会は対策を講じて、今季オリンピックのための雪を確実にしようとした。雪作りで一年中忙しかった。ローザ・クトールはクラスヤナ・ポリヤナの大きなスキーリゾート地で、ソチの山間の町のほぼ半分がオリンピック開催地になる。オーストリアのアルプス山脈の山村のように町は派手に飾られているが、リゾート地の真ん中にあるボルシチに舌鼓を打つ屋台は雰囲気を異にし、制服姿のコサックがサーロ(豚の脂身の塩漬け:ウクライナ料理)を給仕している。

ローザ・クトールが冬季観光案内に載るようにとロシア人は願っている。ここは見事な穴場だが、ゲレンデは43マイル(70km)ほどで、ヨーロッパの平均的スキーリゾート地の規模には遠く及ばない。イタリアのセストリエーレは2006年オリンピック開催地だったが、周辺の6ヵ所のリゾート地に通じ(その1つはフランス)、ミルキーウェーと呼ばれる250マイル(400km)のゲレンデを持つスキーエリアだ。ソルトレイクシティは2002年の開催地だったが、11ヵ所のスキー場にリンクしている。

inserted by FC2 system