2014年4月TIMEを読む会

WHAT PUTIN WANTS
By David Von Drehle and Simon Shuster


Making the biggest gamble of his career in Ukraine, Russia's leader is holding most of the cards

The ultimatum from the Russian troops arrived just after sunrise on March 4.

It was the third in four days: Surrender your weapons and swear allegiance to Russia, or else. Colonel Yuli Mamchur, commander of Belbek air base in Crimea, had sweated his way through two previous demands, but his Ukrainian troops were getting ragged and Mamchur was growing tired–and who knows? Maybe this time the Russians weren’t bluffing.

So he called his garrison together and asked for volunteers to march unarmed to the Russian outpost in a gesture of peaceful coexistence. As Mamchur’s column drew near, the Russians aimed their Kalashnikovs, but the Ukrainians burst into song, singing old Soviet war ballads in Russian. The Russian soldiers, their fatigues shorn of any insignias that might identify their nationality, began firing into the air, but though some of Mamchur’s men flinched, they did not falter, marching in unbroken ranks until their colonel called a halt mere paces from his antagonists, with a Russian rifle pointed at his face.

Mamchur had sworn an oath to his country that he would guard Belbek, and that was what he meant to do. This scene might easily have turned into a massacre; instead, after a three-hour standoff, a deal was struck for the detachments to secure the air base together. And soon after that, word arrived that Russian President Vladimir Putin was ordering his troops massed near the Ukrainian borders to go back to their barracks.

Putin delivered the news in a strange but compelling Moscow news conference during which he sat in an armchair as peacefully as a man in his parlor. He was supremely confident, if not entirely coherent or truthful, as he ratcheted the tension down a notch. The pro-Russian leader of Ukraine, Viktor Yanukovych, mishandled the rising protests in Kiev, Putin said, before adding that actually everything was the fault of the meddling Americans. “They sit there across the pond as if in a lab running all kinds of experiments on the rats,” said Putin. “Why would they do it? No one can explain it.” He allowed that Yanukovych’s political career was finished once he fled into the night with protests raging in Kiev. “I told him he had no chance of being re-elected,” Putin said. Nonetheless, he added, Yanukovych is still Ukraine’s rightful President.

The Russian leader did not have to make sense, entirely, because he had a different brand of logic on his side. Consider this: On March 1, when he mobilized his troops to seize Ukraine’s strategic Crimean Peninsula, home of Russia’s Black Sea fleet, Putin was facing a nationalist revolution uncomfortably close to his western border, with the prospect that Moscow might lose sway over a country it has historically regarded as a vassal. Three days later, having shocked the world by threatening a war, he once again held sway over Ukraine’s destiny. Though a blustering U.S. Secretary of State John Kerry walked the streets of Kiev on March 4 in a show of support for the uprising and the shaky coalition government it had spawned, Putin had effectively defined the limits to which Ukrainian independence will go and could rest assured that nothing too alarming would happen inside this corner of Russia’s influence.

By mobilizing, Putin pushed the Germans, the Dutch and various other European nations to weigh Ukraine against their own dependence on Russian oil and natural gas and their profits from exports to Russian consumers. Putin read with satisfaction as they signaled their unwillingness to offend him with stiff sanctions against his country, his cronies or himself. And the Chinese also blessed his display of muscle with a flourish of diplomatic doublespeak. In war-weary America, President Obama scolded Putin on behalf of his often cited but rarely seen “international community”–even as the community, as usual, melted away.

To see where this leaves the Ukrainians, think back to brave Colonel Mamchur and his band of potential martyrs at Belbek air base. They are the likely prototype of Ukrainian patriots in the age of Putin. They remain free to make harmless gestures of independence alongside their ever present Russian counterparts. But they now know what could be learned only by staring into the barrel of a Kalashnikov: that the Russians retain the option to start shooting. They did it in Georgia in 2008 over the protests of U.S. President George W. Bush. Can anyone doubt now that Putin would do it again?

The U.S. insists that Putin faces serious consequences, but those words may ring hollow to the patron of Syria’s Bashar Assad. For now, the Russian leader holds the trump cards in Ukraine: namely he has troops on the ground and the gall to use them. Ukraine–and the world–may have little choice but to make some sort of deal with Putin, perhaps a fig leaf of autonomy in the eastern part of the country alongside a border buffer friendly to Moscow. In the longer term, however, Putin has made an enormous gamble, arguably the biggest of his career. Ukraine is now his problem, and a very large problem it is, with its internal strife and ruined finances. Russia’s already struggling economy can scarcely afford to prop up another failed client state. For all his smug self-confidence, the strongman may have put his hands to a weight too heavy to carry.

Nobody’s Idea of a Prize

The question now hanging over the crisis in Ukraine is why, exactly, anyone wants the place. Set aside Crimea, the bulging near island that commands the Black Sea; shields the mouth of the Don River; and protects shipping routes between Russia, Turkey and southeastern Europe. Nations will seek to control Crimea as long as warriors and goods travel the world in ships. The remainder of Ukraine, though rich in topsoil and raw materials, struggles under the weight of internal strife and deep-rooted corruption. Once propped up by the old Soviet Union, its economy has been sagging since independence in 1991, and the looted country is now on the edge of bankruptcy.

Before the sudden collapse of Yanukovych’s presidency, the Russians were vying with the E.U. and the International Monetary Fund for the dubious pleasure of bailing out Ukraine’s sinking state. Putin was dangling billions in loans and subsidized natural gas–an especially attractive prize in wintertime–while Europe, with varying degrees of enthusiasm, suggested massive IMF loans conditioned on genuine reforms to the Ukrainian economy.

Even if Ukrainians were a united people, they might have been torn between these alternatives. Life in Russia’s sphere is no bed of roses; on the other hand, shaping up a bankrupt economy at the behest of the IMF is no fun either. It would mean giving up the subsidized utility prices and shutting inefficient state-run firms that are taken for granted even by those who cheered on the revolution. After Putin’s military gambit, the Europeans began to put together a $15 billion loan and aid package.

But Ukraine is far from united: heavily Russian in the east, the country is seethingly anti-Russian in the west–where Ukrainian nationalists groaning under Stalin’s yoke initially flocked by the thousands to join the Nazis during Hitler’s 1941 blitz on the Soviet Union. In the south, Muslim Tatars, normally peaceable, are a tantalizing lure to Islamic extremists from the restive Russian republics of Chechnya and Dagestan.

So Ukraine has moved uncertainly back and forth since the breakup of the Soviet empire, sometimes leaning westward, other times to the east. By employing some of the same tools of social media that helped fuel popular uprisings in the Middle East, Ukrainians in Kiev finally appeared to tip the balance. Staging protests in the city’s Independence Square, known as the Maidan, they ramped up pressure for a decisive move toward the E.U., which already includes Ukraine’s neighbors Poland, Slovakia, Hungary and Romania. The uprising peaked as the world’s attention was focused on the Olympic Games in the Russian city of Sochi. Protesters waged a bloody battle with Yanukovych’s forces that ended with the sudden flight of the pro-Russian President.

According to Russian authorities, Putin saw no alternative but to intervene at that point. A proud veteran of the KGB, Putin is known to view East-West relations in terms familiar to every product of the old Soviet propaganda. The E.U. equals NATO equals the U.S. equals fascism. Attempting to translate Putin’s thinking, Vladimir Rubanov, retired general of the KGB and now a key figure at a Kremlin-connected think tank in Moscow, interprets the collapse of Yanukovych’s government as if it were a Western invasion: Russia has no choice but to preserve certain strategic assets. “The approach of NATO to our immediate borders and to the home of the Black Sea fleet, that is of course a red line for Russia,” he says. “It is inadmissible in a strategic sense. We would be backed against a wall.” (Even so, Rubanov continues, Putin overreacted.)

But if his fellow Russians can see Ukraine through Putin’s eyes, it doesn’t necessarily follow that they seek to make the struggling country’s problems their own. Russia has its own deep problems, which the flash of strength in Crimea can scarcely mask. Even before the crisis in Ukraine, the Russian economy grew at only 1.3% last year, and it will be lucky to grow this year at even 1%, despite oil prices of over $100 a barrel. (About 70% of Russia’s export revenue comes from oil and gas.) That says a lot about how broken Putin’s petrostate is.

So when markets opened on Monday morning after the Saturday mobilization, key Russian stock indexes tanked by more than 10%–almost $60 billion in stock value wiped out in a day, more than Russia spent preparing for the Winter Olympics. The state-controlled natural gas monopoly Gazprom, which accounts for roughly a quarter of Russian tax revenue, lost $11 billion in market value, enough to cover the lion’s share of the amount Russia had promised to the teetering regime in Ukraine in December and then froze in January as the revolution took hold. The Russian central bank was forced to jack up interest rates in response to a record plunge in the value of the Russian currency.

A partial rebound on March 4 indicated the market’s delight at Putin’s step back. But lasting damage was done, said Timothy Ash, head of emerging-market research at Standard Bank. “This has to fundamentally change the way investors and ratings agencies view Russia,” he noted. At a time when Russia’s economic growth was already stagnating, “this latest military adventure will increase capital flight, weaken Russian asset prices, slow investment and economic activity and growth.”

Ordinary citizens will also cast a wary eye on Putin’s efforts to tame Ukraine without absorbing its problems. “In recent years, the whole image of Ukraine has deteriorated,” says Valery Fedorov, general director of the Russian Public Opinion Research Center, a state-funded polling operation. While leery of Western meddling in the country, the Russian public has little hope that this dysfunctional neighbor can find its way to civic and economic health. An early February poll by the center found that nearly 3 out of 4 Russians opposed any intervention in Ukraine’s internal affairs.

Crimea Without Punishment

The U.S. Secretary of State arrived in Kiev on March 4 amid rumors of war: Ukrainian and Russian troops were “massing” on either side of the isthmus between Crimea and mainland Ukraine, one senior State Department official told reporters. But as Kerry’s visit unfolded, the war did not materialize, and the American was left to speak vaguely of possible sanctions against the Russians even as Europe wobbled. In a heavy gray mist, Kerry visited the Maidan to pay tribute to the martyred protesters. The smell of raging fires still hung in the air, and heaps of flowers contrasted with the black and ash of the charred junk piled into barricades.

Two women squeezed through the crowd. “We hope for your help!” one exclaimed.

“We will be helping,” Kerry replied–then corrected himself. “We are helping. President Obama is planning more assistance.”

What can he do? “The only way to undo Russian control of Crimea is to use military force,” says Charles Kupchan, a professor of international affairs at Georgetown University, about the Russian occupation, “and that is out of the question.” Obama is left with a menu of small plates, from which he will struggle to serve up something substantial.

When Putin invaded Georgia, Bush used U.S. warships to deliver humanitarian aid, and the same might be possible should Putin push into mainland Ukraine. But there is no reason to believe the results would be any better now. Russia could respond by cutting off U.S. access to Afghanistan from the north or further undermining U.S. efforts to restrict Iran’s nuclear ambitions. Any hope of Putin’s help in halting the carnage in Syria is already gone.

There may be some traction in the Administration’s proposal to put international observers in eastern Ukraine to safeguard the rights of ethnic Russians. That could remove an excuse for Russian intervention on the mainland, but it does nothing to punish Putin for seizing Crimea. There’s talk in Washington about possible steps to isolate Russia from the international scene and freeze the travel and money flow of the Russian oligarchs. These steps range from difficult to impossible, given the resistance of Germany and other European nations. “The Administration cannot eject Russia from the G-8 or the G-20 without the support of other members,” says Paul Saunders, head of the Center for the National Interest. “Germany does not appear to support ejecting Russia from the G-8 at this point.” Nor is there any appetite in China, one of Russia’s biggest trading partners, to apply any kind of pressure on Putin. In a March 4 phone call between the Russian leader and his Chinese counterpart Xi Jinping, the Chinese leader wagged no fingers. “Xi said the situation in the Ukraine, which seems to be accidental, has the elements of the inevitable,” noted the official Xinhua News Agency.

Unilateral U.S. sanctions would mean little to Moscow, which earns the bulk of its money by selling natural resources to near neighbors. “It’s only $40 billion in trade, so it’s very different from China, where we have hundreds of billions in trade,” says John Negroponte, former Director of National Intelligence.

Kerry knows this and couldn’t quite keep it hidden during his visit to Kiev. When another Ukrainian pressed close to ask for American support, the Secretary replied, “We are trying our best.” Then he added weakly, “We hope Russia will respect your election.”

There’s that signature Obama-era word again: hope. It runs up against its limits with a man like Vladimir Putin. President Obama preaches win-win. He believes in multinational teamwork in a world where “the tide of war is receding.” The Russian leader lives by a much older principle: I win, you lose. When Obama spent some 90 minutes on the phone with Putin as the situation in Ukraine went from turmoil to crisis, Obama said Russia would “pay a price” for belligerence. Kerry elaborated for the American public: “You just don’t in the 21st century behave in 19th century fashion by invading another country on completely trumped-up pretext.”

That may be giving Putin credit for a few more centuries than he merits. With his waxed skull and often naked chest, Putin could be channeling Yul Brynner in Taras Bulba, the 1962 Hollywood epic in which an avenging medieval Cossack hero cleanses Ukraine of the taint of Western influences. It might be useful to ask if both men are out of touch with the times, which seem to breed uprisings and insurgencies and grassroots movements faster than the leaders of great powers can tamp them down. Putin looked smug and Obama rather helpless as the latest act played out in Ukraine. But it’s not difficult to imagine that a day will come when Russia will groan under the weight of another unhappy neighbor.

Meanwhile, life is a bit more sour for everyone inside what is sometimes called the international community. Leonid Kalashnikov, vice chairman of the foreign-affairs committee of Russia’s State Duma, summed things up well after the legislature’s unanimous vote to authorize Russian troops in Ukraine. There will be no lasting damage, he said, because there is nothing to damage. “We already don’t trust each other,” he said of the West. “They say their bit, we say ours. And it doesn’t seem to matter.”

WHAT PUTIN WANTS
≪プーチンの腹の中≫


ウクライナの運命は、大統領の職をかけたプーチンが握っている。

3月4日、夜明けとともにロシア軍からの最後通告が届いた。

それは4日間の騒乱の3つ目の通告だった。武器を捨ててロシアへの忠誠を誓え。さもないと容赦はしない、と告げていた。クリミアのベルベック空軍基地司令官ユーリ・マムチュア将軍は、過去2度の命令を何とか切り抜けてきたのだが、指揮下のウクライナ軍は疲弊し、彼は苛立ちをつのらせていたし、プーチンの出方は知りようもない。今度こそ、ロシア軍は本気かも知れなかった。

そこでユーリは部隊を招集し、ロシアの前哨基地へと武器を持たずに友誼を示しながら行進する有志を募った。マムチュアの隊列が近づいた時、ロシア兵たちはカラシニコフを構えた。するとウクライナ兵たちは突如として、かつてのソビエト軍歌をロシア語で歌い始めた。ロシア兵たちは、彼らの迷彩服からは国籍を示す記章はすべてとり外されていたが、空に向けて発砲し始めた。マムチュア軍の兵士の中にはたじろぐ者もいたが、部隊は怯むことなく、ロシア軍との距離をほんの数歩おいて将軍が「止まれ」と命じるまで、隊列を乱すことなく行進した。ロシア軍の銃は将軍の顔に狙いをつけていた。

マムチュアはベルベックを守ると祖国に誓いを立てていたし、まさにその通りに行動したのだ。流血の惨事になり得る一触即発の事態だった。しかしそうはならずに、3時間の睨み合いの後、空軍基地ともども安全に開放する取り決めをした。その後ただちに、ロシア大統領ウラジミール・プーチンが、ウクライナ国境近くに集結させたロシア軍を撤退するように命じたという報せが届いた。

奇妙な、そして仕方ない面持ちで、モスクワニュースの記者会見を開き、その間プーチンはまるで応接間にいるような寛いだ雰囲気で肘掛け椅子に座っていた。非常に自信あり気で、必ずしも明快とはいえず本気とは思えなかったにせよ、緊迫感は若干和らいだ。ロシア派であるウクライナ大統領ヴィクトール・ヤヌコーヴィッチは、キエフで起きた抗議運動を上手く抑えることができなかった、とプーチンは言い、すべては米国の介入のせいだ、と付け加えた。「まるでラットに様々な実験を施す研究室にでもいるように、大西洋の向こうで眺めている」とプーチンは言った。「なぜそんなことをするのだ。説明がつかない」キエフで抗議の暴動が起きたことで夜に紛れて逃亡すると、ヤヌコーヴィッチの大統領としての政治生命は終わることを承認した。「再選のチャンスはない、と私はヤヌコーヴィッチに告げた」とプーチンは言った。それでも「まだヤヌコーヴィッチはウクライナの正当な大統領である」とプーチンは付け加えた。

ロシア大統領にとって道理を通す必要はなかった。それはまさに他国とは違った独自の世界観を持っていたからだ。例えば次のような論理だ。3月1日、黒海艦隊の母港であり、ウクライナの戦略的に重要なクリミア半島を掌握するために軍隊を派遣した時、モスクワ政府は不穏にもロシア西部国境近くで起きた愛国主義革命に直面していた。その反乱によって歴史的にロシア統治下にあるとされてきた国に対する支配権を失うかも知れなかった。3日後、戦争勃発の怖れは世界を震撼させ、プーチンは再度ウクライナの運命を手中に収めた。3月4日、威勢よくジョン・ケリー国務長官はキエフの通りに姿を見せて、蜂起と生まれたばかりの不安定な連立政府に対する支持を表明したが、プーチンは事実上ウクライナの自由の許容範囲を明確にし、ロシア権力下にある一角でさほど大きなことは起きないことを保障した。

軍隊を動員することによって、ロシアの石油・天然ガスへの依存やロシアへの輸出によって得る利益と、ウクライナのどちらをとるかをドイツ、オランダなどヨーロッパ諸国にプーチンは迫った。ヨーロッパ諸国は、ロシアやその同盟国あるいは彼自身に対して厳しい制裁を課すことでプーチンを怒らせたくないと思っている本音を、プーチンは満足気に読み取っていた。中国もまた、外交的言辞を左右しながら影響力を示そうとした。戦争疲れした米国では、オバマ大統領が常に口にはするがめったに実を示さない「国際社会」になり代わってロシアに苦言を呈した――そんな国際社会は、今回もまた体を成していない。

今回の事件でウクライナがどうなるかを考えるために、勇敢なマムチュア将軍とあわや殉教者になりかけたベェルベック空軍基地の兵士たちに思いを馳せてみよう。この部隊は典型的なプーチン時代の愛国主義者のようだ。彼等は相対しているロシア側について無難に分離派の振りをすることもできた。しかし、カラシニコフの銃口に対峙することによってのみ学べたものを今や身に染みて感じた。ロシアがその気になればいつでも銃を発砲するのだということを。2008年にジョージW.ブッシュ米国大統領の抗議に対してグルジアでやったように。プーチンが今また同じことをしないと断言できるだろうか。

プーチンは深刻な結果を覚悟すべきだと米国は強調するが、そんな脅しはシリアのバシャ・アサドの支持するようなプーチンにとっては何でもない。さしあたりロシア大統領はウクライナ問題の切り札を握っている。つまり現地に軍隊を有し、行使することにためらいはない。そしてウクライナは、そして世界は、プーチンと何らかの取引をするほかに手はないのだ。おそらく国境に沿ったロシアにとって友好的な緩衝地帯を形成するウクライナ東部地域の自治を言い訳にして。しかしながら、長期的に見れば、プーチンは大統領職を揺るがしかねない危うい賭けに出たと言える。今やウクライナはプーチン自身の大きな問題となり、内部対立と破綻した財政を抱え込むことになった。ロシアはすでに財政危機に苦しんでいて、他の衛星国を支える余力はない。プーチンは空威張りをしているが、鉄の男をもってしても抱えきれないほどのお荷物を引き受けることになるかもしれない。

<誰も褒美を欲しがらない>
今ウクライナの危機を覆う問題はまさに、誰がそんな場所を欲しがるだろうか、ということだ。黒海を見渡すほとんど島に近いクリミア半島は別にしての話だが。ドン河の河口を覆い、ロシア、トルコ、そしてヨーロッパ東南地域を結ぶ航路だ。兵士や商品を積んで航海し世界と通商する限り、ヨーロッパ諸国はクリミアの覇権を欲しがる。豊かな土壌と天然資源に恵まれているにもかかわらず、ウクライナのその他の地域は国内対立と根深い汚職に苦しんでいる。かつては旧ソ連邦に支援を受けたが、1991年の独立以降ウクライナの経済は落ち込み、略奪された国家は今や破綻寸前だ。

ヤヌコーヴィッチ政権の突然の崩壊よりも前に、EUやIMFを相手にロシアは、落下の一途をたどるウクライナの救済をめぐって、不本意なケンカをしていた。プーチンは何十億もの貸付と安価な天然ガスを餌にチラつかせている――冬には特にありがたいものだ。一方でヨーロッパ諸国は、ウクライナへの興味に温度差があるものの、ウクライナ経済の真の改善を条件に巨額のIMF援助を提案した。

例えウクライナ人が固く結ばれた民衆であったとしても、こんな条件を突きつけられれば分裂しても無理はなかった。ロシア側に移ったところで暮らしは決してバラ色ではない。かといってIMFが突きつける破綻経済からの立て直しも楽ではない。つまり、革命に沸いている人たちでさえ当然の恩恵と享受してきた安価な公共料金の打ち切りや悠長な国営企業の閉鎖を意味するからだ。プーチンが軍事力の行使に打って出た後、ヨーロッパ諸国は150億ドルの貸し付け金と援助計画を組み始めた。

しかしウクライナは団結しているとはとても言えない。東にはロシアが厳しく構えているし、西には反ロシアの諸国がいきり立っている。そんな位置にあるウクライナで、1941年にヒトラーがソ連邦に電撃的侵略をおこなった時、スターリンの軛の下に苦しむウクライナの愛国主義者たちが何千人と群居してナチに加わった。南部ではイスラム教徒のタタール人が暮らし、平時は温和な民族なのだが、抵抗運動を続けているロシアのチェチェン共和国やダゲスタン共和国からのイスラム過激派にとってはたまらなく魅力的だ。

このようにウクライナはソビエト帝国からの分離以降、不安定に揺れ動き、時には西側に傾き、ある時には東に傾く。中東で起きた大衆蜂起を煽ったファイスブックなどの情報と同じ手段を使うことによって、キエフのウクライナ人はついに方向を確定するかに思えた。キエフ市のメイダンという独立広場での抗議行動を組織し、EUに向う決定的動きへの圧力を強めた。ウクライナの近隣諸国、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニアはすでにEUに加盟している。ロシアのソチ市で開催されたオリンピックに世界の注目が集まった時、蜂起は頂点に達した。抗議する民衆はヤヌコーヴィッチの軍隊と血まみれの闘争を戦い、ついに親ロシアの大統領が突如として逃亡した。

ロシア当局者たちによると、プーチンはこの時点で介入するほかはないと考えた。元KGBのプライドをもつプーチンは、旧ソ連のあらゆるプロパガンダが創りだした観点で東西関係を見ていることで知られている。EUすなわちNATO、すなわち米国、すなわちファシズムなのだ。KGBの退役将校で現在はクレムリン関係のモスクワ・シンクタンクの重要人物ウラジミール・ルバノフはプーチンの考えを説明して、ヤヌコーヴィッチ政府の瓦解は西側の侵略のようにプーチンは考えている、と言う。ロシアは戦略的に重要な地域を守るしかないのだと。「我が国と直接国境を接する地域や黒海艦隊母港へのNATOの接近、これは当然にもロシアにとっては譲れない一線なのです」と言う。「戦略的意味で認められないものです。我々は危険な事態に立たされるでしょう」(たとえそうだとしてもプーチンの反応は過剰ですが、とルバノフは続ける)

しかし、仲間のロシア人たちがプーチンの眼を通してウクライナ問題を考えるとしても、苦しんでいるウクライナの問題を自分の問題とするとは限らない。ロシア自身が深刻な問題を抱えている。クリミアで一時の強がりを見せても、それを隠すことはできない。ウクライナ危機が起きる前から、ロシア経済の昨年の成長率はたった1.3%だったし、1バレル100ドル以上の石油価格にも関わらず、今年は1%伸びればいい方だろう(ロシアの輸出額の70%は石油とガスからだ)。プーチンの石油国家がどれほど破滅的かを物語っている。

だから土曜日の軍隊出動の後、月曜日に株式市場が開かれた時、ロシアの主な株式指数は10%以上暴落した。株価にして1日あたりほぼ600億ドルが損失したことになり、その額はロシアが冬季オリンピックの準備に費やした以上になる。国家統制下にある天然ガス独占企業ガスプロムは、ロシアの税収のほぼ4分の1を占めているのだが、株価で110億ドルの損失を出し、それは瓦解寸前のウクライナ政府に対して12月に約束しながら、革命が起きると1月には凍結されてしまった多額の分け前金をカバーして余りある額だ。ロシアの貨幣価値が歴史的暴落を喫したことに対応して、ロシア中央銀行は利率を引き上げざるを得なかった。

3月4日にプーチンの撤退に好感して株価が部分的に戻った。しかし痛手は続いた、とスタンダードバンクの新興市場の調査を率いるティモシー・アッシュは言った。「ですから投資家や格付け会社のロシアに対する見方を根本的に変える必要があります」と述べた。ロシア経済の成長がすでに遅滞している時、「最近のこのような大胆な軍事的措置は資本の流出を促し、ロシアの資産価値を下げ、投資の意欲を削ぎ、経済活動や成長を鈍化させるでしょう」

市井のロシア人もまた、プーチンが問題の解決がないままにウクライナを鎮静化しようとしていることに警戒するだろう。「近年、ウクライナのイメージは悪化しています」と国家が資金提供して世論調査をするロシア・パブリックオピニオン調査センター長のヴァレリー・フェドロフは言う。ウクライナでの西欧諸国の介入に不信感を抱くロシア国民は、この機能不全に陥っている隣国が公共福祉や経済の健全さを回復する見込みはほとんどないと思っている。センターがおこなった2月初旬の世論調査では、ロシア国民のほぼ4人に1人が如何なるウクライナの国内事情にも介入することに反対している。

<クリミア侵攻に制裁なし>
3月4日、米国国務長官は戦争の噂が立つ中をキエフに到着した。ウクライナとロシアの軍隊は、クリミアとウクライナ本土の境界線を挟んで軍隊を「集結して睨み合って」いる、と国務省の高官の一人が記者に語った。しかしケリーの訪問が公表されたので戦争には発展せず、ヨーロッパの態度がはっきりしなかったがロシアに対する制裁の可能性をほのめかした。暗雲が重く漂う中をケリーはメイダンを訪れて、抗議行動で殉教した人たちを追悼した。まだ火薬の臭いが漂い、山のように捧げられた献花はバリケードの中に積み上げられた焼け跡の黒焦げや灰になったガラクタと対照を成していた。

2人の女性が人ごみを掻き分けて歩み出てきた。「助けてください」と1人が叫んだ。

「助けますよ」とケリーは答えたが、言い直した。「今も助けているでしょう。オバマ大統領は更なる支援を考えています」

オバマ大統領に何ができるだろう。「クリミアをロシアの支配から解放する唯一の方法は軍事力の行使です」ジョージタウン大学の教授で国際問題専門のチャ-ルズ・クプチャンは言う。「でもそれはありえません」オバマの選択肢は多くないが、そこから実のある方策を選ばなくてはならない。

プーチンがグルジアに侵攻した時、ブッシュは人道援助のために戦艦を出動させたのだが、もしプーチンがウクライナ本土に侵攻したら、同じことが起きうる。しかしそんなことをしても、今より事態が良くなるとは思えない。ロシアは報復として、米国がアフガニスタンに入る北方ルートを遮断するか、イランの核開発の野望を止めようとする米国の努力をさらに妨害するかもしれない。シリアの血塗られた残虐行為を制止するために、プーチンが何らかの助力をするという望みはすでに消えている。

ロシア系住民の人権擁護のためにウクライナ東部に国際監視団を置くという米国の提案は、幾分の説得力があるかもしれない。この提案は、ロシアがウクライナ本土へ介入する理由を無力にできるが、プーチンのクリミア制圧を罰することにはならない。ロシアを国際社会から孤立させ、ロシアへの行き来や新興財閥への資金の流入を凍結する方法を模索する会議がワシントンで開かれた。そのような手段は、ドイツを始めとするヨーロッパ諸国の抵抗を考えれば、難しいという意見から無理というものまで様々だ。「米国政府は他の加盟国の賛同を得られなければ、G-8やG-20からロシアを排除できません」と米国シンクタンク・国家的利益センター長(the Center for the National Interest)のポール・サンダースは言う。「現時点では、ロシアをG-8から締め出すことにドイツが賛成しそうにありません」ロシアの最大貿易国である中国でも、どんな圧力もかける気はまったくない。ロシア大統領と習近平国家主席との間で交わされた3月4日の電話でも、国家主席はプーチンを諫めることはしなかった。「習はウクライナ情勢について話し、成り行きで起きてしまったことで仕方がない面があったように思う、と言った」と国営の新華社通信は書いている。

米国の一方的制裁は、天然ガスを近隣諸国に輸出して多額の収入を得るモスクワ政府には痛くも痒くもないだろう。「輸出による収入はほんの400億ドルですから、何千億ドルも貿易で得る中国とはまったく状況が違っています」元米国情報長官はそう語る。

このことはケリーも承知しているし、キエフ訪問の間も完全にはそのことは隠せなかった。別のウクライナ人が米国の支持を求めて詰め寄った時、国務長官は答えた。「最大限の努力をしています」しかし弱々しく続けた。「ロシアが選挙結果を尊重してくれるといいのですが」

オバマ政権のお気に入りの言葉が再登場する。それは希望だ。そんな言葉は、ウラジミール・プーチンのような男に通用するには自ずと限界がある。オバマは双方の利を唱える。「戦争は退潮傾向にある」世界における多国間の協力をオバマは信じている。ロシア大統領ははるか昔の原則で生きている。勝つか負けるかだ。ウクライナ情勢が混乱から危機へと転じた時、オバマはプーチンと90分ほど電話で話し合い、ロシアがそれほど戦争をしたいなら「相応の報復を受けることになる」と言った。ケリーは米国市民に詳細を報告して言った。「21世紀の時代に、完全にでっち上げた筋書きをもって他国に侵略するなど、19世紀のやり方はすべきでない」

プーチンが思い知るには後数世紀かかるかも知れない。ピカピカの坊主頭と剥き出しの胸で登場するユル・ブリンナー演じるタラス・ブーリバと一脈通じるものがあるのだろうか。「隊長ブーリバ」は、西洋文明で汚染されたウクライナを浄化しようと反乱を起こす中世のコサックの英雄を描いた叙事詩的なハリウッド映画だ(1962年)。この2人が時代の風を読み間違えたのかどうかを問うことは有意義かもしれない。そんな時代錯誤が、列強の指導者たちが弾圧するよりも早く、蜂起や反乱や地を這うような運動を醸成するように思える。プーチンは独りよがりのように見えるし、ウクライナ問題でとったオバマの最近の行動はむしろ救いがたいように思える。しかし、ロシアが不幸な隣国を引き受けた荷重に呻きを上げる日が来ることは容易に想像できる。

一方で、時に国際共同体と呼ばれる社会で、人々はさらに辛い日々を生きることになる。ロシア議会の外交委員会副議長であるレオニド・カラシニコフは、ウクライナへのロシアの軍事侵攻を議会が全会一致で承認した後、わかり易く事態を要約した。後遺症などは残らないでしょう。もともと傷ついていないのです。「我々にはもはや相互信頼など存在していないのです」と西側について言う。「彼らは自分の言いたいことを言うでしょうし、我々もまた言いたいことを言うのです。それでいいのでしょう」

Why Putin Won’t Hold Crimea
By Andrey Kurkov March 6, 2014


He knows the peninsula can't survive without the rest of Ukraine. So what's his next move?

With Russian President Vladimir Putin seizing control of Ukraine’s Crimean Peninsula, many people around the world must be wondering, “Where, in Putin’s mind, does Russia end?” The answer is that it ends where the U.S. begins.

This is because, for Putin and his domestic allies, the European Union is nothing more than the backyard of the U.S. When Russian Senators voted in favor of sending troops into Ukraine, one lawmaker claimed that the protesters in Kiev’s Independence Square who ousted the pro-Russian government of Viktor Yanukovych had been trained in Eastern Europe with U.S. money. Thus seizing Crimea—where ethnic Russians make up some 60% of the population of 2 million, with ethnic Ukrainians and Crimean Tatars accounting for the remainder—was an attempt to prevent the whole of Ukraine falling into the hands of the Americans. The protection of the peninsula’s ethnic Russian population was just the official explanation.

The move wasn’t surprising. Ever since Ukraine’s independence from the Soviet Union in 1991, Russian politicians have flown into Crimea to make pre-election speeches and whip up pro-Russian sentiment, with only rare notes of protest from Kiev. Yuri Luzhkov, the former mayor of Moscow, built new apartment blocks in the Crimean city of Sevastopol. (When he lost his position, some pro-Russian groups wanted him to be given a post in Sevastopol.)

But what happens now that Russia has turned a close relationship into an occupation? There are only three possibilities: Russia simply says sorry and leaves; it stays in Crimea; or it moves farther inland, occupying southern and eastern parts of Ukraine.

Knowing Putin, a man not given to acts of contrition, we can immediately exclude the first possibility. Given the manner and speed with which it was executed, it seems likely that the plan to seize the peninsula was worked out in advance, with only the Winter Olympics in Sochi preventing Putin from acting earlier.

A drawn-out occupation of Crimea is possible, but it would be challenging. Apart from the financial cost, Russia would have to consider the logistical complications of such a move. The fact is that the Crimean Peninsula depends on neighboring regions of Ukraine for gas, electricity and, most important, drinking water. Supplying these resources via Russia would not be possible, at least in the short term. Building the infrastructure needed would cost money and time, and would prove a burden on the Russian state.

So, what can Russia do? The only remaining option is for Russian troops to push farther into Ukraine—into Kherson, a region north of Crimea with practically no pro-Russian elements, and then to move farther east to the more pro-Russian regions of Zaporizhia, ­Dnipropetrovsk, Kharkiv, ­Donetsk and Lyhansk.

Would Russia go farther along the south coast of the country, cutting it off from the Black Sea? It’s possible, though such an excursion would call for a huge commitment of resources.

Further complicating the picture for Putin are the gas pipelines that run from Russia to Europe via these Ukrainian regions. Problems there would impact European countries like France and Germany, further increasing tensions between Russia and the West. Issues with the supply of gas would raise the possibility of a larger confrontation with Moscow on one side and Europe and the U.S. on the other.

It’s obvious, then, that Putin’s maneuver is fraught with risks. In Russia, Crimea is called the Pearl of the Black Sea. But holding on to this peninsula, which has no oil, no useful minerals and no industry, won’t be easy for Moscow. Crimea is reliant on tourism, and the tourist season there is short—only a little longer than three months. As the occupation scares off tourists, it is Russia that will have to shoulder the cost of falling revenues if it refuses to leave. And so, as he ponders his next move, Putin must realize that while Ukraine can live without Crimea, it’s doubtful that Crimea can survive without Ukraine.

Why Putin Won’t Hold Crimea
≪プーチンはなぜクリミアを欲しがらないのか≫


クリミア半島が他のウクライナ地域と一緒でなければやっていけないことをプーチンは知っている。だとしたらプーチンは次にどう出てくるだろうか。

ロシア大統領ウラジミール・プーチンがウクライナ共和国のクリミア半島を制圧するのを見て、世界の多くの人々は訝るに違いない。「プーチンの本音では、ロシアの覇権は何処まで及ぶと思っているのだろうか」その答えは、米国の覇権が始まるところまで。

なぜなら、プーチンや国内の支持者にとっては、ヨーロッパ連合は米国の裏庭でしかないからだ。ロシア上院がウクライナへ軍事侵攻を承認した時、一人の議員が主張した。キエフ独立広場の抗議する民衆は親ロシア派のヴィクトロール・ヤヌコヴィッチを追放したが、彼らは米国の金を使って東欧で訓練されたのだ、と。だからクリミアを掌握することによって、ウクライナ全域が米国の手中へと落ちることを阻止しようとしたのだ、と。クリミアはロシア人が人口200万人の中で60%ほどを占め、その他はウクライナ人とタタール人だ。クリミア半島のロシア系住民を守るというのは、単なる表向きの理由にすぎない。

ロシアの軍事侵攻は驚くにあたらなかった。1991年にウクライナがソ連邦から独立して以降、常にロシアの政治家は選挙のたびにクリミアに馳せ参じて選挙演説を行うことによって親ロシア感情を掻き立て、キエフからはめったに抗議はない。元モスクワ市長ユーリ・ルシコフはクリミア・セヴァストポリ市に新しいアパートを建設した(ルシコフがモスクワ市長の座を追われた時、親ロシア派グループの中には彼にセヴァストポリ市長の座を提供しようとした者もいた)。

しかし、ロシアがクリミアとの強い関係を占領へと転換した時、何が起きるのだろうか。3つの可能性だけが考えられる。一つ、ロシアが謝罪して撤退する。一つ、クリミアを占領し続ける。一つ、ウクライナ内陸部へとさらに侵攻し、ウクライナ南部や東部を占領する。

プーチンは悔い改めるという行為は絶対にしない人物なので、最初の可能性は即座に排除できる。侵攻を開始したやり方と速攻性は、クリミア半島を制圧する計画が事前に練られていたことを思わせる。ただソチでの冬季オリンピックがあるために、プーチンは少し待っていただけなのだ。

ロシアのクリミア占領を引き延ばすことはできるだろうが、かなり困難になるだろう。財政問題は別にしても、そのために後方支援が必要になるという問題が生じることをロシアは考慮しなければならないだろう。クリミア半島はウクライナの近隣地域に、ガス、電気、さらに重要な飲料の供給を頼っている。これらの資源をロシア経由で供給するのは、少なくとも短期的に見れば不可能だろう。必要なインフラを建設するとなれば、費用も時間もかかり、ロシア共和国にとっては負担になる。

だとしたらロシアに何ができるのだろうか。唯一の可能性は、ロシア軍がウクライナにさらに深く侵攻することだ。特に親ロシア派がいないクリミア北部のケルソンへ、次には親ロシア派が多く住む東部のザポリージャ、ドニプロペトロフシク、ハルキウドネツク、ルハーンシクへ。

ロシアはウクライナの南海岸線に沿って北進し、黒海から遮断された地域へと進んでいくのだろうか。それは可能だろうが、そのような遠征は莫大な資源の投入を必要とする。

プーチンが思い抱く構図をさらに複雑にしているのは、ロシアからウクライナ地域を経由してヨーロッパへとガスパイプラインが通っていることだ。そこで問題となるのは、フランスやドイツといったヨーロッパ諸国への影響であり、ロシアと西側の間の緊張を強めることだ。ガス供給に伴う問題は、ロシア政府とヨーロッパや米国政府の間により激しい対立を生じさせるだろう。

そうなればプーチンの作戦はリスクを伴う困難なものとなる。ロシアでは、クリミアは黒海の真珠と呼ばれている。しかし、石油も出なければ価値のある資源もなく、産業もない半島を掌握することはロシア政府にとって決して容易ではない。クリミアは観光がすべてで、この地の観光シーズンは短い――3ヵ月ちょっとだ。占領によって観光客が逃げてしまい、もし撤退を拒むなら、減少する収入を埋める負担をロシアが背負い込まなければならない。

だから、プーチンは次の挙動を熟慮する時、次のことを念頭に置かなければならない。ウクライナがクリミアなしでやっていけるとしても、クリミアはウクライナなしではやっていけないということを。

Looking Back in Anger
By Fareed Zakaria March 6, 2014


Vladimir Putin may control Crimea, but his 19th century tactics do not bode well for Russia

The crisis in Crimea reminds us there are two kinds of rulers around the world: those who think about the past and those who think about the future. If it were not abundantly clear before, it is now–Vladimir Putin is a man who thinks about the past. His country will be the poorer for it.

If you read and listen to commentary, you will hear many stories about Russia’s long association with Crimea, a relationship that dates back to the 18th century. Crimea was the first great prize wrested from the Ottoman Empire, a mark of Russia’s rise to great-power status. It also gave Russia something it had never had: a warm-water port with direct access to the Mediterranean and thus the wider world.

Sevastopol, the Crimean port city where the Russian Black Sea fleet docks, is an excellent natural harbor and is steeped in history. It was the site of the great siege of the Crimean War in 1854. (When Mark Twain visited the city just over a decade later, he remarked that “ruined Pompeii is in good condition compared to Sebastopol.”) Russia held on to the city even though it lost the Crimean War. Almost a century later, it maintained its grip on Sevastopol after reclaiming Crimea from the Nazis in early 1944.

Then came the strange and fateful twist in 1954 when Soviet Premier Nikita Khrushchev gifted Crimea to Ukraine–an internal transfer within the Soviet Union. Why Khrushchev did this remains somewhat unclear. He had made his mark as a young communist leader in Ukraine, and the occasion of the transfer was the 300-year anniversary of Russia’s annexation of Ukraine. But almost certainly the larger reason was that the original inhabitants of Crimea, the Tatars, had been forced out of the region by Stalin, and Ukrainians were being sent into the area to repopulate it. Making it part of Ukraine would accelerate the movement of people. Whatever the cause, the consequence has been lasting and dramatic. Crimea exists outside Russia legally and politically, but it has a Russian majority, and Moscow thinks of it as part of the motherland.

That is the history. But history is bunk, as Henry Ford said. By that he did not mean that it was unimportant but rather that people should not be trapped by it, that they should think not backward but forward. His exact words were “History is more or less bunk. It’s tradition. We don’t want tradition. We want to live in the present, and the only history that is worth a tinker’s damn is the history that we make today.”

The history that leaders make today has much less to do with geography or constraints from the past. When Singapore was expelled from Malaysia in 1965, the experts said the small, swampy town in the middle of nowhere could not survive as an independent country. It is now one of the world’s great trading hubs, with a per capita income higher than that of its erstwhile colonizer, Britain. That’s because its founder, Lee Kuan Yew, thought less about the disadvantages of history and more about the advantages of the future.

When the nationalist Chinese were abandoned by the world on a tiny island after the communist revolution in mainland China, most assumed the place would not survive. Yet in the most precarious position, with zero natural resources, Taiwan became one of the world’s fastest-growing economies for four decades. That’s because it didn’t worry about geography; it obsessed about competitiveness.

When Paul Kagame took over Rwanda, the country was more deeply ravaged by history than almost any other nation, scarred by a genocide of a speed never seen before in history. Rwanda is also landlocked, with no geographic advantages at all and a bloody war in the neighboring Democratic Republic of Congo. But Kagame looked to the future, not the past. The result is a small African miracle, a country that is healing its wounds.

There are those who are still trapped by history and geography. Think of Pakistan’s generals, still trying to establish “strategic depth” in their backyard while their country collapses. Or think of Putin, who is, as Secretary of State John Kerry said, playing a 19th century game in the 21st century. He may get Crimea. But what has he achieved? Ukraine has slipped out of Russia’s grasp, its people deeply suspicious of Moscow. Even in Crimea, the 40% who are non-Russian are probably restive and resentful. Moscow’s neighbors are alarmed, and once-warming relations with Poland will be set back. Trade and investment with Europe and the U.S. will surely suffer, whether there are sanctions or not.

Meanwhile, Russia continues along its path as an oil-dependent state with an increasingly authoritarian regime that has failed to develop its economy or civil society or to foster political pluralism. But no matter–Moscow controls Crimea. In today’s world, is that really a victory?

Looking Back in Anger
≪怒りをこめてふりかえれ≫


ウラジミール・プーチンはクリミアを支配下におさめるかもしれない。しかしプーチンがとった19世紀的なやり方はロシアの将来に暗い影を投げかける。

クリミア危機は世界に2つのタイプの指導者がいるのだと気づかせてくれる。過去にこだわり続けるか、未来を考えるかだ。もし今までそれが十分に明瞭でなかったとしたら、今が明瞭になる時だ。ウラジミール・プーチンは過去にこだわり続ける人だ。そのせいでプーチンが指導するロシアはさらにひどい国になっていくだろう。

書かれたり語り継がれたりしている記録の中に、歴史におけるロシアとクリミアの長い関係についての多くの話がある。クリミアはオスマン帝国から初めても奪取した先勝品たる領土であり、大ロシアの地位に押し上げた画歴史的な出来事だ。それまでロシアにはなかった大きなものを手に入れた。地中海へ直接つながり、そして広い世界へとつながる不凍港を手に入れた。

セヴァストポリはロシア黒海艦隊が停泊するクリミアの港町であるが、素晴らしい自然港で、歴史が深く刻み込まれている。1854年に悲惨なクリミア戦争が戦われた戦跡地だ(戦後10年経ってクリミアを訪れたマーク・トウェインは「滅亡したポンペイよりもひどい、と書いている」。ロシアはクリミア戦争には敗北したが、クリミア市は手に入れた。ほぼ1世紀後、1944年初頭にナチからクリミアを奪還した後、セヴァストポリを支配し続けた。

その後の1954年に奇妙で運命的な展開が訪れ、ソ連邦最高指導者ニキータ・フルシチョフがクリミアをウクライナに編入した――ソ連国内での移行ではあったが。フルシチョフのこの決定は未だに謎である。ウクライナ出身の若き共産党指導者として彼は頭角を現していて、まさにロシアへのウクライナ併合300周年の年だった。しかし、元々クリミアに住んでいたタタール人がスターリンによって強制退去させられた後、ウクライナ人がその土地に移住してきたことが確実な理由だろう。ウクライナへの併合は民衆の運動を加速することになった。理由が何であれその後遺症は長く続き、劇的な展開を遂げた。クリミアは法的にも政治的にもロシアには属していないがロシア人が多数派を占め、クリミアは祖国ロシアの一部だとロシア政府は考えている。

それが歴史というものだ。歴史には、ヘンリー・フォードが言ったように、価値がない。フォードがこの言葉で言いたかったのは、歴史が重要ではないというのではなく、むしろ人々が歴史に囚われるべきではない、つまり過去を振り返るのではなく未来を見つめるべきだ、ということだ。フォードの言葉を正確に引用するならば「多かれ少なかれ歴史など意味がない。我々は伝統など必要としない。現在を生きたいのであって、歴史に何らかの価値があるとすれば、それは我々がいま創りつつある歴史なのだ」

今日指導者たちが創っている歴史は、いわんや過去から受け渡された地勢や束縛とは関係ない。シンガポールが1965年にマレーシアから分離された時、小さな湿地帯の辺境の町で独立国としてはやっていけない、と専門家たちは言ったものだ。ところが今や世界で名だたる貿易港になり、1人あたりの収入はかつての英国植民地時代よりも多い。それはシンガポールの建国者であるリー・クアン・ユー(李光耀)が、歴史で背負った不幸よりも未来の幸福をより大事だと考えたからだ。

共産主義革命が中国本土で勝利し、国民党の党員たちが移り住んだ小さな島で世界から忘れられた時、こんな所では生き残れない、とほとんどの人が考えた。地政学的に最も翻弄されやすく、天然資源もなかったが、40年で台湾は世界で最も急速な経済発展を成し遂げた。地勢を憂えるのではなく、競争力をつけるためにひたすら邁進したからだ。

ポール・カガメがルワンダの大統領になった時、他国に類を見ないほど残虐な歴史よって破壊され、かつてなかったほど短期間に起こった大虐殺の傷痕を残していた。ルワンダは他国に囲まれた内陸部で地理的な利点はまったくなく、コンゴ民主共和国では血生臭い戦争が起きていた。しかしカガメは将来を見つめて、過去にはこだわらなかった。その結果が小さなアフリカの奇蹟、傷を癒しつつある国家なのだ。

未だに歴史や地勢に囚われた人々がいる。例えばパキスタンの将軍を考えてみるがいい。国家が崩壊しているというのに、裏庭での「戦略的縦深性(Strategic Depth)」にこだわっている。あるいはプーチンはどうだ。ケリー国務長官が言うように、21世紀の時代に19世紀の流儀を通している。プーチンはクリミアを奪取するかもしれない。しかし彼は何を得たのだろうか。ウクライナはロシアの手からすり抜け、ウクライナ国民はロシア政府に消しがたい疑念を抱いている。クリミアにおいてさえ、40%の非ロシア系住民はおそらく反発して怨恨を抱いている。ロシアの隣国は警戒し、かつて友好的だったポーランドとの関係は悪化するだろう。制裁があろうとなかろうと、ヨーロッパや米国との貿易や投資は確実に冷え込むだろう。

一方ロシアは、ますます絶対主義的支配を強め、石油だよりの国家として我が道を歩み続ける。そんな国家は、経済や市民社会を発展させることができなかったし、政治的多元主義を育てることもできなかった。しかし何にせよ、ロシアはクリミアを支配下に置いている。現代世界にあって、それが真の勝利といえるのだろうか。

*訳注:ストラテジック・デプス(戦略的縦深):軍事的なコンセプトでの縦深とは、現状の、あるいは潜在的にある戦争の最前線と、人口や物流的・産業的・軍事的活動が集中する地政学的拠点地区との間の距離に関係。そのような深みをもつことは、その国が当初の攻撃に耐えて、敵の攻撃に対抗する軍事力の再結集を可能にする。

inserted by FC2 system